「 suzaking 」一覧




「相棒16」2話 感想

2話も拡大SP。前回の続きで、田臥(田辺誠一)が捜査禁止を命じるものの案の定特命係の2人は捜査をリスタート。「するな」と言うのは「しろ」という意味なんじゃないかとダチョウ倶楽部理論を語りだした右京さん。アメフトボールを平井邸へ放り投げて取りに行く口実で門を開けてもらうという超戦略に出て潜入することに成功し、伊丹&芹沢も同タイミングで駆けつけ、いつもの推理モードへ。

最初に訪れた時(警察の家宅捜索前)には無かった3人目の被害者が着ていた着物がベッドに隠されていたのを発見し、これが安物だと知った右京さんは3人目だけは突発的犯行だったのではないかと推測。冠城も青木(浅利陽介)を利用して情報収集。一方の平井は余裕全開で、田臥の取調べに「3件目だけでなく全部の供述がデタラメだ」と無罪主張し、慶子(中村ゆり)を使ってビデオレターで特命係に自分の無罪を立証してくれと言いまく始末だったが…。

3件目の殺人は喧嘩の末に階段から突き落としてしまったというもので、それを隠蔽したのが慶子ということが判明。そもそも金に糸目をつけない平井が殺人道具に安物を使うのは考えられず、監視カメラにも慶子が着物を持ち運ぶ様子がガッツリ映っていたので言い逃れ不可能状態に。そのまま慶子は犯人隠避の罪で逮捕され、これによって平井もあっさり陥落

また、今回の事件での田臥の目的は警告を無視して捜査した特命係を違法捜査で立件することにあったが、峯秋(石坂浩二)とセットで転覆してもらわないと困る衣笠副総監(大杉漣)の意思で、今回の捜査は内村(片桐竜次)が捜査命令を出したことに無理矢理してしまった為、違法性が認められずこれも水の泡に。黒幕に潜む日下部(榎木孝明)へ宣戦布告しておいてくれと田臥に突き返す特命係。青木を本格的な協力者にしようと画策する日下部。特命係の上司に就任した峯秋。それぞれの思惑が動いたところで次回へ続く。




2話使って特命係を巡る情勢をじっくり描いたのはスリリングで面白かった。
…けど、逆に2話かけて描いた事件自体は妙に薄味になってしまったような…。

平井はもっとサイコに暗躍する役回りかと思いきや、今回の話では余裕ぶりながらも着々と証拠を集められて実は余裕がなかったのか、釈放のために特命係を告訴取消で買収しようと画策。破綻したと知るや否や金を積めば良かったかと言い出し、不起訴釈放がダメなら裁判員を金で買収して無罪にしてくれと無茶難題を慶子に要求。当然拒否され、呆れる表情の慶子に使えない手下だと呟く平井。これは釈放後不用品として消されるフラグか…と思ったら、平井は何もしないまま、その後すぐ慶子が逮捕されたので詰み状態のまま終了してしまった。いくらなんでもあっさりすぎる。1話と打って変わって小物化が止まらない。

幼少期に母親が不用品を何でも燃やしていた影響で不要物を燃やす人格になったとか色々描かれていたのに、そこも掘り下げて語られず。正直慶子に任せっきりであんまり暗躍もしなかったので、せっかく中村俊介をかっこいい悪役で起用したのに消化不良な出番になっちゃったような…。再登場してほしい。

 
あと、よく見たら中村俊介と榎木孝明って「浅見光彦」の兄弟役じゃん。
というか中村俊介、榎木孝明、水谷豊で歴代浅見光彦揃い踏みじゃん!
…と妙にテンションが上がった。

次回からはまた1話完結の事件モノに戻る模様。しばらくは軽快な普段の「相棒」を楽しめそうかな。


「相棒16」1話 感想

1時間半SP。いきなり中村俊介演じる平井が殺人犯として連行されるシーンから始まったが、平井は収監先でいきなり無罪を主張。その事件を捜査を担当していた伊丹と芹沢、そして右京と冠城が自首強要による脅迫で訴えられてしまう。そして、そんな彼らの元に話を聞きに訪れたのは、かつて冠城の上司だった日下部(榎木孝明)の協力者らしい検察官の田臥(田辺誠一)。日下部と田臥にとっての真の狙いは特命係を違法捜査で立件することにあり…。

犯人逮捕されてから話が始まったので、事件捜査そのものは回想形式で進行。どうやら平井は幼少期から不用品を燃やす習性があり、不用品となった結婚相手を焼却するために連続で殺していたというサイコパスだったことが判明し、いつものように追い詰めて逮捕。しかし平井は弁護士の慶子(中村ゆり)とデキており、伊丹と芹沢による取調の録音録画も拒否していてブラックボックス状態という巧みな状況で、拒否するように誘導させられたと語る無罪主張をスタート。一方で、青木(浅利陽介)から特命係に捜査権がないことを今更聞いた日下部は、この事件と田臥を利用して特命係を違法捜査で潰すことを画策。田臥は各関係者にも取材行脚して情報収集し、捜査指揮権を日下部の権力で強引に奪取し暗躍開始。

また、副総監の衣笠(大杉漣)もこの事件にかこつけて特命係と峯秋(石坂浩二)を潰そうと策略開始。それぞれの思惑が渦巻く中で、捜査協力をしようとする特命係を田臥が拒絶したところで2話へ続く




1話完結SPじゃなかった!

なんか回想とCMがやたら多かったとはいえいきなり2話へ引っ張るのは意外…。淡々と話を引っ張っていく感じも独特だったし、2話でそれぞれの攻防が盛り上がるのなら面白そう。今シーズンも安定して楽しめそうだ。
 
 
また、以前から確執が描かれ始めた日下部の暗躍も遂に始まった感じだが、その理由が前シーズン8話で自分が可愛がっていた検事が細やかな不正を右京に暴かれたせいで退職してしまったからっていう。

小せぇ…。

元々可愛がっていた冠城も道連れになるなら仕方ない、右京と一緒にいるのが悪いと冷酷な態度を取っていたが、登場当初は特命係にある程度協力的な姿勢を見せていた上に、理由があまりにも逆恨みすぎて回を重ねるごとに小物感が増していかないか不安だ。



「民衆の敵 ~世の中、おかしくないですか!?~」1話 感想

今期月9。貧乏庶民夫婦の智子(篠原涼子)と公平(田中圭)は息子と団地暮らしで平凡に幸せな家庭を過ごしていたが、夫婦揃って職を失い、智子は高額年俸で当選しやすい市議会議員の仕事を見つけ、一念発起して立候補することに。

とりあえず貯金を供託金として引き出した夫婦は選挙活動をスタートし、ママ友軍団に陰口を叩かれる中で、貧乏人でも幸せになれる社会を作りたいという軸があった智子の熱い演説に惹かれて和美(石田ゆり子)が協力者に。中卒設定の智子のブレーン役と化し、ママ友ネットワークで協力者を一気に増やして一躍有力候補になるまで善戦。しかし、市議会権力者のどう見てもヤクザ犬崎(古田新太)に目を付けられ、一派の候補者である磯部(笹野高史)を使って潰しに来られ…。SNSや2ch風掲示板に誹謗中傷を投下しまくり、演説で名指しで個人攻撃といういかにも現代風な描写で追い詰められる智子。というよりいくらなんでも露骨すぎて逆に磯部がインターネッツに晒し上げられるレベルなんではこれ。民衆はこんな露骨な個人攻撃にも賛同しまくる民度の低さだったが、勢いで磯部の選挙カーに乗り上げて熱い演説を始める智子に一同掌返しで総拍手民度軽ッ!

その後はママ友協力メンバー達と選挙速報をテレビで見守るが、結局ラスト1枠を磯部に取られて敗北。智子はショックで外へ出ていき、いきなり挫折からの再生ストーリー…と思われたが、その直後には磯部が急病で運ばれて辞退したとかで急に繰り上げ当選が決まり、智子が市議会議員に!という凄い急展開サクセスで1話が終了。




いかにもな貧乏庶民主人公がいかにもな民度の低い住民世界観でいかにもなサクセスストーリー…というのはまあいいとして、智子のいかにもな貧乏バカキャラはいくら篠原涼子でもちょっとウザい…。貧乏な上に中卒設定まで付け足す辺りがテンプレ全開で、社会問題系をギャグみたいなノリで扱う辺りもフジ全盛の干支1周前ならウケてただろうけど、2017年にもなってこれは今更感が…。一応元アナウンサーが現職の県知事なはずなんだけど。

というか、個人的な篠原涼子イメージが00年代中盤の「仕事デキる女性」(アンフェアとかハケンとか)で止まっていたので、アラフォー後半になったとはいえ、いくらなんでもギャップがスゲぇ…。篠原涼子で政治モノというともっとドラマ的とはいえシャキッとしたものを想像していたので、貧乏で知識はないけど熱さ一直線で頑張る!みたいな作風はだいぶ肩透かしになりそう。

あと、ここ最近のフジドラマの芸風になっているっぽい、いかにもネットで言われてそうなメディア風刺ネタ(美人すぎる〇〇って言われる人は大体…とか)や現代のトレンドワードっぽい単語を露骨に盛り込んでみました的なギャグも連発。この全体的に漂う「いかにも」な感じがすっかりフジの主流になっちゃった気がするけど、これも正直滑りすぎててキツかった。ネットが完全に誹謗中傷を拡散するための場所みたいに描かれていたのも、そういう一面は確かに根強くあるとはいえ、叩かれ代表格のフジがネットに今も抱いている第一最強イメージなんだろうな…と思いながら遠い目になってしまったし、あんまり面白くなかったので1話切りかも…。


ALRIGHT / 秦基博

秦基博、2ndオリジナルアルバム。

シングル「キミ、メグル、ボク」「虹が消えた日」「フォーエバーソング」収録。初回盤にはこれまでに参加・提供した楽曲のセルフカバー3曲も併せて追加収録された。5thシングル「虹が消えた日」が映画主題歌に起用されて話題になり、初のミュージックステーション出演も果たした。

続きを読む


コントラスト / 秦基博

秦基博、1stオリジナルアルバム。

シングル「シンクロ」「鱗(うろこ)」「青い蝶」、1stミニアルバムに収録されていた「僕らをつむぐもの」のアルバムバージョンで収録。オフィスオーガスタ期待の新人として売り出され、アルバムで初のトップ10入りを果たした。

続きを読む


Animelo Summer Live 2017 -THE CARD- 2日目レポ

今年もこの季節がやってきた。8年連続のアニサマ…!!
…と思いきや、初日が仕事都合で行けなくなり、3日目がそもそもチケット取れなかったので、今年は2日目のみの参加に…。全日程参加できないのは初めて行った2010年以来かぁ…。まあ来年のBlu-rayを楽しみにするとして。初日の評判がスゲーとのことだったので、期待を膨らませてスーパーアリーナへ!

続きを読む