Innocent flower / 水瀬いのり

水瀬いのり、1stオリジナルアルバム。

シングル「夢のつぼみ」「harmony ribbon」「Starry Wish」収録。声優としてのキャラソンリリースや、NHK朝ドラ「あまちゃん」にて成田りな役で出演して「暦の上ではディセンバー」を歌唱した経験はあったが、15年に単独歌手デビュー。「Starry Wish」が『魔法少女リリカルなのは』シリーズの続編アニメ「Vivid Strike!」EDテーマに起用されてヒットし、その流れで1stアルバムリリースとなった。





収録曲

01. 春空
02. 夢のつぼみ
03. Lucky Clover
04. コイセヨオトメ
05. 涙のあとは
06. いつもずっと
07. Starry Wish
08. Will
09. 星屑のコントレイル
10. 旅の途中
11. harmony ribbon
12. Innocent flower

データ

2017年4月5日発売
キングレコード
57分18秒

感想

元気で適度に爽やか、適度に可愛いアイドルポップスが勢揃い。ストリングスも取り入れた生演奏風なサウンドで非常に華やかで上品な仕上がり。声優/アニメ系シンガーに多いパワーロック系でも、可愛さ全開のラブリー系でも凝った音楽を展開する個性派系でもなく、昔ながらの正統派アイドルポップス(※イメージ)は逆に珍しい。水瀬さんの可愛さを活かしながら王道ポップスとして文句無しのクオリティ(特に「Starry Wish」は勝負タイアップと思われただけに一際貫禄を感じる)。声量はまだガタガタだけど、それも瑞々しくて今作では味というか。流石に声優としての人気は抜群で下準備が十二分に整っていただけに気合いの入りようが違うというか、最大手レーベルのはずがこの数年で声優/アニソン系ミュージシャンが突如次々と移籍/解散しまくっていて現状後がないキングレコードからの満を持してのデビューは伊達じゃない。このゴージャスさというか気合いの入りようは率直に驚いた。

ただあまりに上品にまとまりすぎて「Starry Wish」以外に単体で強く印象に残る曲が無く、優等生すぎて逆に引っ掛かりがない…という印象も否めないのが今後心配だが、良くも悪くもクセが無く清純に可愛らしいので、年代関係なく幅広く受け入れられそうである。応援爽快ロック風な曲やバラードもあり、清純綺麗なアイドルポップスが好きな人にはたまらない1作だと思う。

★★★★☆




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする