Candlize / 矢井田瞳

矢井田瞳、2ndオリジナルアルバム。

シングル「I’m Here Saying Nothing」「Look Back Again/Over The Rainbow」「Buzzstyle」、C/W「Life’s Like A Love Song」を収録。「Over The Rainbow」「I’m Here Saying Nothing」はリオで再録音したアルバムバージョンとなっている。

「Look Back Again/Over The Rainbow」は自信最大のシングルヒットとなり、2作連続でO社1位を獲得した。





収録曲

01. キャンドル
02. Buzzstyle
03. Lock Back Again
04. Not Still Over
05. Over The Rainbow (Album Version)
06. I’m Here Saying Nothing (Album Version)
07. 空の作り方
08. 贅沢な世界
09. 手と涙
10. Life’s Like A Love Song
11. Maze

データ

2001年10月31日発売
東芝EMI
40分57秒

感想

前作に続き、カラッと爽快な直球ギターポップロックアルバム。ドラム打ち込みは前作から変わらないが、前作よりもバンドっぽさが増してカラッと爽快感が強くなったと思う。「Look Back Again」の突き抜けた開放感はたまらないし、「Over The Rainbow」はしんみり聞き入られる静かなアコースティックバラード。けっこう元気一杯真っ盛りな前作に比べてのんびりナチュラルな明るさもある。勢い一辺倒にならずに幅が広がり、元気でキャッチーながら落ち着いた良さもあるバランスのいい爽快ポップスアルバムBGMとしても気持ちいい。晴れた日にのんびりと聞きたい1作

しかし、10年代に入ってからの女性シンガーソングライターって癖の強い激しい系か、カワイイ要素が強い系が多くて、矢井田瞳みたいにストレートにカラッとしているというかある種のサバサバ系シンガーは案外いないような気がした。というか当時も椎名林檎や宇多田ヒカルといった個性派が台頭していて、aikoも意外にカワイイ系と個性派を兼ね備えたような案外捻りのある存在だった。割と矢井田瞳のポジションって後にも先にも被りがなかったんじゃ…。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする