コントラスト / 秦基博

秦基博、1stオリジナルアルバム。

シングル「シンクロ」「鱗(うろこ)」「青い蝶」、1stミニアルバムに収録されていた「僕らをつむぐもの」のアルバムバージョンで収録。オフィスオーガスタ期待の新人として売り出され、アルバムで初のトップ10入りを果たした。





収録曲

01. 色彩
02. シンクロ
03. 鱗
04. 君とはもう出会えない
05. トレモロ降る夜
06. Lily
07. 青い蝶
08. つたえたいコトバ
09. 僕らをつなぐもの(Contrast Ver.)
10. 赤が沈む
11. トブタメニ
12. 風景

データ

2007年9月26日発売
BMG JAPAN
54分58秒

感想

シンプルにポップだけど捻ったところもある、秦基博のポップスイメージそのままな1stアルバム。秦基博の音楽性が早くも確立されていたんだなと感じる。ここから駆けだすように歌われる「色彩」は1曲目からワクワクするし、「鱗」はいきなりの大名曲。「色彩」とシングル曲が特に力強さを放っているものの、アルバム曲も決して地味ではなくシングル曲と一体化していて、バラードだったり砕けたファンキーな曲だったり、バンドサウンド中心の王道ポップスという安心感の中で幅広い曲調が並んでいる。色んな曲調が散りばめられているので、タイトル通りにコントラストが映えて飽きないアルバムになっている、ってこと…なのかな。

シングルイメージしか無い状態で聴いても安心の1作。幅広くもバンドサウンド中心の王道ポップスを聴ける上、「色彩」が初っ端から良すぎたのでシングルだけで済ますのは勿体なさすぎることがすぐにわかった。

★★★★☆




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする