「ラブライブ!」に遅咲きでハマった経緯 ~逃し続けてやっと巡り合えた名作~

部屋に飾ってあるラブライブタペ&ポスター

さて、2017年になって「ラブライブ!」にドハマりした当筆者ですが…。深夜アニメは観始めてから早10年、実は「ラブライブ!」もアニメ放送前から知っていました。

そしてこの数年の間で数々の出会いイベントがあったのに、なぜか散々スルーし続ける人生の連続でした。。

なのに、何故今になって急速にラブライバー見習いとなったのか?

ということを、自己紹介代わりに語ってみます。




最初に知った2010年…何度も見逃し続けた「ラブライブ!」との出会い

2010年 ~電撃G’s MAGAZINE、「ぼららら」のCD購入

「ラブライブ!」の存在を知ったのは…実は、電撃G’s MAGAZINEで企画連載が始まった号でした!
確か購入していた記憶があります。この頃にちょっと「ラブライブ!」の存在に興味を持ち、更にはリアルタイムで「僕らのLIVE 君とのLIFE」購入まで至っていた…のですが。今に比べて全然キャラデザも設定(真姫ちゃん→彼氏いない歴17年)も違う当初の企画にそこまで思い入れを持てず…(汗)それっきりで「ラブライブ!」からは離れてしまいました…。

今思うと勿体な!!とも思うことはありますが、当初とでは別物のコンテンツになりましたし、そもそも出会うべき運命のタイミングではなかった、そういうことだと思います。そう思うしかないです(笑)

 
そして、それからというもの。

2012年 ~アニサマ初出演

μ’sがアニサマ初出演し、「夏色えがおで1,2,Jump!!」を歌った年。この時もアリーナA最前列でμ’sの初の大会場での雄姿を拝んでおりました!
(当時全く無名だったので、観客の大半が直前のうしろから這いより隊Gの退場に気を取られていて、μ’sの登場をガンスルーしていた光景が今となっては鮮烈でしたね。)

しかし、この男はというもの…。一度冷めた興味を元通りにするには至らず…。
代わりに一緒にアニサマへ行った友人がここで「ラブライブ!」にハマり始め、アニメ以後完全なラブライバーと化し、今では俺のラブライバーの師となってしまいました(苦笑)

2013年~2016年 ~何度も制作されたTVアニメ、劇場版、サンシャイン

「ラブライブ!」のアニメも1期、2期、劇場版、サンシャインと全てリアルタイムで視聴。なのにそこまで好きになるには至らず。
凜ちゃんが一番かわいいな?と思いながら、推しキャラすら明確に定められずという、ここまで来てもこのテイタラァク(鞠莉ちゃん風)っぷり。。

今にして思えば、この頃は就活失敗やら色々あって塞いでいた時期だったので、「夢に向かって頑張る女の子達」のストーリーが変に眩しくて、「この子らはこんな頑張ってるのに」と自分に負い目を感じてしまっていたのかもしれません。




この他にも、3rdライブ当選(友人に譲り渡す)、友人と「μ’s live collection」を購入視聴、友人から限定タペストリー&フィギュアを貰う、神田明神初詣…というイベントも多々ありましたが、見事に全て空振りしています。ここまで来るとナニソレイミワカンナイ!ってレベル。。(苦笑)

こんな感じで初めて知った大学時代から卒業、バイトしながら就活、就職…と6年も経ち、何度もあった出会いのチャンスを棒に振りまくった「ラブライブ!」は自分とは縁遠いアニメだと思ったこの頃。
去年、思い切って転職&東京での一人暮らしを始め、引っ越しから落ち着いてしばらくしてから再び「ラブライブ!」をふと視聴。これが遂に訪れた人生の転機でした…。

2017年、これまでと全く違う輝きを感じた「ラブライブ!」

これがなんて泣けるアニメなんだ…!

 
1期7話&8話「エリーチカ」で、自分の気持ちを押し殺してきたエリーチカの加入回で不意打ちに感涙…。。そこから真姫ちゃんの合宿回やら、ことりちゃん留学やら、2期の予選出場、凜ちゃんの「Love wing bell」、希の気持ち、スノハレ…と、今まで観流してきたはずのエピソードの数々に怒涛のように感動しっぱなし。そこからはスクフェスを始め、名曲の数々を漁りだし、CD・Blu-rayを購入するようになり、こんなブログまで始めるほどハマっていきました。。

知らない場所での一人暮らしで自分なりに頑張り始めたので、彼女達の目標に向かって仲間と一緒に壁を乗り越える姿、ストーリーにも素直に感情移入できるようになったのかも。

一人一人、μ’sからAquors、A-RISEまで、隙なく無駄なく愛しくなってしまい、いつしか「ラブライブ!」は自分の中で心の支えとなっていました。

今も大変なことが一杯日常でありますけど、「ラブライブ!」のおかげで頑張れています。




という流れで。
「ラブライブ!」を知ってすぐにハマりました!ではなく、何度も出会う機会がありながらやっとハマりましたという稀な経緯となりましたが(苦笑)
あれから全く気持ちが冷めないどころか、想いはどんどんと強くなっているので、俺もようやくラブライバーになれたかな?

7年廻って非常に遅咲きラブライバーとなりましたが、これからは逃し続けた分目一杯応援していきますよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする