金田一少年の事件簿 File.3
「雪夜叉伝説殺人事件」

あらすじ
美雪の誘いでTVスタッフのバイトとして北海道・背氷村へやってきたハジメ。熱により美雪不在となった中、ハジメはスーパーアイドルの速水玲香、剣持警部の上司で捜査一課警視の明智健吾と出会う。普段TVで見る顔とは全く違う芸能人の素性とギスギスした関係を目の当たりにする中、ドッキリの撮影は最終局面を迎える。お色気女優・加納りえを単独で狙い撃ちする企画だったが、そこへ全く予定外の"雪夜叉"が登場。振り上げた斧で何と加納を一突き斬殺してしまう。そのすぐ後に発見されたのは雪だるまに埋められたカメラマン・明石の死体。TVスタッフを次々斬殺する"雪夜叉"とは誰なのか?ハジメと明智警視、初の推理対決―――!

登場人物

 

超人気キャラ明智警視初登場。ハジメと初対面して推理勝負を繰り広げる…が…。のっけから高圧的&挑戦的で一方的に殺人事件をネタに勝負を挑み、剣持警部見下しまくり。ドヤ顔で幾度と推理を展開するものの調査不足の無茶な論理展開で玲香を犯人断定を辞さず、2度目には真犯人の偽氷室殺害のトリックに引っ掛かる。ハジメから殺人事件を賭けにする姿勢を指摘され推理ミスも論破される彼は正直美形の面影は全く無く、完全にイヤミ。まさかここから超美形の最強警視にパワーアップするとは思いもよらない。というか作者も全く考えてなかったんじゃないだろうか…。ともかくキラキラ美形天才明智警視のファンになりました!という方が読めばカルチャーショック間違い無し…というか読まない方が…。

その一方で速水玲香は初登場からキャラを一貫させている。加納りえへタバコを吹き返す芸能人的虚勢に始まり孤独な本当の一面を覗かせ、醜態レベルの言い掛かり殺人容疑を晴らしてくれたハジメに好意を寄せていく様子も描かれていて、これがしっかり後々に生かされていく。こちらは美雪の恋敵役としてかなり前々から考えられていたキャラクターと思われ、某犯罪プロデューサーもびっくりな綿密な設定がこれから明かされていく。他キャラに比べてもかなりの人物設定の入れようである。

 

事件の方は衆人環視の前で斧で斬殺といきなり派手な殺し方だが死体描写はそんなに直接的ではない。ラストで明かされる「氷の橋」トリックどう考えても実現不可能かなり漫画的なインパクトで見応えがあって、金田一の中でもかなり好き。そしてそれ以上に明智警視(仮)超絶イヤミインパクトが忘れられない。玲香との馴れ初めも。色んな意味で原作ファン必携

ちなみに今作では「急に熱が出た」という設定で美雪が現場からは欠席(玲香とのエピソードを円滑に進めるためと思われる)、電話&FAXで事件調査に協力するというのも一つの珍しいポイント。

次回作からは初期の荒削りな画風から変わってスタンダードな「金田一少年の事件簿」作風(?)になっていくし、ここまでが金田一初期3部作、かな。

★★★★☆

戻る。