金田一少年の事件簿 File.14
「墓場島殺人事件」

あらすじ
ひと夏の思い出を狙い、バカンスに出かけた一ら不動高校メンバー。しかし出向いたそこは寂れたオンボロ旅館だった…。どうするといきなり危機に迫った不意、旅行会社の男に案内されたのは無人島ツアー。通称「墓場島」と呼ばれる島で出くわしたのは大量の骸骨とサバイバルチーム。サバイバルゲームの強化合宿をしていたらしいが、その知り合った翌朝にはそのメンバー数名が爆殺バラバラ死体として発見される。逃げれど攻めようど軽々と殺されていくチームメンバー。ゲームを本当のサバイバルにしてしまった真犯人は誰なのか?この島に伝わる伝説、「亡霊兵士」――――?!

登場人物

 

久々に複数不動高校のメンバーが新キャラで登場したが、この中で第Ⅱ期で岡崎浩史郎が設定追加されてサブレギュラー入りを果たした。

 

初の共犯事件。しかしその正体が凄くわかりやすく(第二の殺人で目立った行動をしてるのが1人しかおらず、あからまさまに怪しい言動とったのもまた1人)、犯人当ては簡単なんだけど、不動高校の同級生に犯人がいた展開は観た最初戦慄したもんだったなぁ。真相も二転三転が無くなって動機は復讐でシンプル。なので共犯者の檜山がレミを庇って自決し、「復讐なんてろくなもんじゃねぇ、もっとてめーの人生大切に生きて…」と名言を遺して死んでいく名シーンがあったものの、これまでに比べたらえらく簡素で「亡霊兵士」というオカルトサバイバル設定ありきで乗り切ったような気もしなくもない。しかし孤島サバイバルというだけでも異色なのでシチュエーション重視で楽しめるとは思う。

ただ一つ言えるのは、平嶋千絵ちゃんが何で再登場しねーんだってぐらい可愛かったってことだ。

★★★☆☆

戻る。