2015年7月 ~動き始めてる~

7月30日(木)
ここ最近読んだマンガ

・「デスノート」と「ばからもん」をコミックレンタルで5巻ずつ借りてきて読んでたら面白くてハマる。

デスノートは今まで実写映画しか見たことなかった(その映画も10年近く前なのでうろ覚え…)けど、1巻1巻ごとのテンポの速さにびっくり。「バクマン。」もそうだったけどこの人の漫画はハイスピードで読んでて気持ちいいわ…。ライトの藤原竜也ver.以上に冷酷平然っぷりも味か。

地味に原作の展開にオリジナル超設定を度々チャンポンそれなりに合わせている某TVドラマ版もこれで比較しながら見ていけるのでツッコむ楽しみが(おい)。ただ…あのドラマの凡骨ライトが記憶喪失トリックを思いつき、Lを出し抜いて捜査本部入りする姿想像できねぇぞ…。けっこうあの平凡ライトはあれで好きなんだけどな。

「ばからもん」はただただ和む。温かい。ギャグは大きく笑えるし、所々でハートフル。こっちは去年アニメ化されてたけど、こんな名作を見逃してただなんて去年の俺改めてどんだけボンクラだったんだオイ…。

2作品とも面白すぎるし、ちゃんと買い揃えてアニメも全話見たくなってきた。今のところ今期懸命に見てるのは「Charlotte」「城下町のダンデライオン」ぐらいだし、これを機に今まで見てなかった/もう一度見たい名作にアタックしてみっか。

 

・すざきんぐ的No.1名作漫画「金田一少年の事件簿」もRシリーズになってから放置していたので5巻まとめて購入。高遠…ルーツ探しの旅(笑)とか言いだしてから扱いがかなり雑になったけどちゃんとストーリー解決すんの?


7月15日(水)
ここ最近の春アニメ 総評編/ここ最近の夏アニメ その1

・いよいよ夏が到来した!…途端、台風接近で温風が吹き荒れる最悪の猛暑に…。

 

「SHOW BY ROCK!!」…サンリオが全面協力しただけあってド派手。曲もキャラも全員ハズレ無し。ただキャラの謎についてはロムとシュウ☆ゾーが何の因縁があったのかとか無駄に持て余されたモアの宇宙人設定とか原作ゲームで明かされてないものは明らかにできないんだろうとして、ラストも正直中ボスを倒したらいきなりラスボス出てきた…みたいな感じで半ば打ち切り漫画並に唐突だったけども…見てるうちは非常に華やかで楽しいアニメだった。シンガンクリムゾンズ、あんたら最高だ。女の子的にはレトリーちゃんとロージアちゃん…

「山田くんと七人の魔女」…今期常に一番平均点が高かったのはこれ。小田切寧々ちゃん…滝川ノアちゃん…最高やで…

「ハロー!!きんいろモザイク」…超安定。くぜはし先生。

「えとたま」…友人(キートンくん)の家で1話を見て、その後Dアニメストアで後追い一気観してハマってしまった。途中たまにメタっぽい内輪ネタが出てくるのはアレだったけどギャグもにゃ~たんのクズっぷりも大いに笑ったし面白かった。バトルシーンもCG駆使しまくってて見応えもあった。できることならチュウたんを含めたギャグシーンを2期で…。

今年のアニメでは他にも「SHIROBAKO」をやたらと勧められ、「轟け!ユーフォニアム」も見ないまま最終回を迎えてしまった。これは名作をガンガン見逃しているフラグでは…。

 

今期現在見ているのは以下の通り。

六花の勇者 1話
復活した魔神を倒すべく集められた6人の勇者たち「六花の勇者」を描いたファンタジー作品。「りっか」じゃなくて「ろっか」と読むらしい。主人公のアドレットが「地上最強」を自称して舞踏会の試合に乱入して対戦者をフルボッコにし、1話にしていきなり投獄されるかの迷作「バスカッシュ!」1話を思い出す展開に陥ったが、魔神復活を前に突如六花の力に目覚め、同じく力に目覚めた王国の姫・ナッシェタニアに助けられて脱獄に成功。メンバーと合流していくぜ魔神討伐!…というところで、ほぼ顔見せで1話が終了。

どうやら6人の勇者のはずなのに7人目が現れ、誰が偽物の勇者なのか探し出すというミステリー要素もあるらしい。これは面白くなりそう。

 

Charlotte 1,2話
「Angel Beats!」スタッフ陣による新作。放送から5年経ってようやくゲーム版が発売&Blu-rayBOXも発売というタイミングで放送になった。…誰か俺にPS VITAくれよ…。

他人に5秒だけ乗り移れる能力者の主人公・乙坂有宇はその能力を悪用して学年1位優等生生活を送るゲス高校生だったが、突然目の前に「対象者1人の視界から消える」アニメ遊戯王のオリカの効果並にピンポイントな能力者の友利奈緒が現れ、能力者が集まる学校への強制転校を命じられる。その学校は能力者を人体実験に悪用する科学者から守るために、能力が消える思春期まで能力者たちを匿う施設のようで、その2人にキャラといい声優といいまんま「Angel Beats!」高松な高城丈士朗を加えた3人で能力者を守るために探し出していくストーリーらしい。

依然「Angel Beats!」を思い出すギャグノリが目立っていたが(能力を悪用させないための施設で、高城が思いっきり能力を悪用してカツサンドを奪取したのはどうなのかという気もするけど)、能力者だった奈緒の兄が科学者に人体実験されまくって廃人同然になってしまったというキツいシリアスなシーンも。やっぱり進んでいく展開はシリアスなんだろうか。それにしても内山昴輝ボイスのナルシストギャグキャラはどうしてこんなに魅入ってしまうんだろうか…。

あとこれだけは声を大にして言わせてほしい。

一番かわいいのは主人公の妹だよな?

 

がっこうぐらし! 1話
「学校の中で寝泊まりする学園生活部」の4人を描いた日常ギャグモノ…と思いきや、部員以外の登場人物と絡んでいるのがほぼ由紀だけで、校舎の窓ガラスが全部割れていたり校舎内に謎のバリケードが張ってあったり、屋上に墓が植えてあったりと不自然な描写が連発。ラストシーンでは校内での平和な光景が全て由紀の妄想だったことが明らかになり、本当は部員以外は全員死亡してゾンビとなっていて生存者の部員は廃墟の学校でサバイバル生活を行っていた!と発覚したホラーサイコ作品。

なんかTwitterで1話が凄い壮絶なネタバレと共に話題になりまくっていたから観てみたものの…う~ん、ホラーやグロは苦手ジャンルだしなぁ…。

 

のんのんびより りぴーと 1話
BGM代わりに見ていければ(1期4話までしか見ていない人)。

 

城下町のダンデライオン 1話
まんがタイムきらら系。花澤アニメ。うえーい(萌え豚視聴者野郎)

国王の娘たち9人の能力者達が次期国王を決める選挙に向けてほのぼのバトっていくコメディ。割かし活発な喋り口調ながら超内気で恥ずかしがりや、サービスシーンも事欠かせない主人公花澤。うん…最高やわぁ…

 

ミリオンドール 1話
10分アニメ。引きこもりの「在宅派」でアイドル応援カリスマブログを運営しているすう子、「現場派」「DD」で現場のカリスマと称されているがいろんなアイドルに推し変を繰り返すリュウサンの2人を通してアイドルオタクの奮闘を描いたコメディモノ。ストーリーがどう転ぶのかまだ全くわからんけど、テーマは面白そうなのでもうちょっと見てみたい。10分でさらっと見れそうだし。

 

もう少しで「アイドルマスターシンデレラガールズ」2クール目も始まるので当然期待。


7月11日(土)
ここ最近のシングル/アルバムレンタル その12

・Mステの情報コーナーにて、(映画興行ランキング3週連続1位との触れ込みとはいえ)唐突に「ラブライブ!」がガッツリ紹介されるという一幕が。LiSAと藍井エイルが初出演したのが5月。ここ最近でアニメ系に詳しいスタッフが制作チームに出世したんだろうか?


シングル

シュガーソングとビターステップ / UNISON SQUARE GARDEN
Brave Shine / Aimer

狙い通り!

アルバム

Best Album Best Live Collection Ⅱ / μ's
いくらなんでも3枚組はヘビーだと思うんだが…。

TUBESTⅡ / TUBE
夏到来。

逃した魚 / back number
逃していた1stミニアルバム。「ラブストーリー」も武道館ライブの映像を収録したDVD付初回限定盤が復刻販売するらしく、改めて購入するか考え中。

Las Vegas / the brilliant green
3rd。

SINGLE COLLECTION / THE YELLOW MONKEY
何故か後期ベストだけ手に取ったまま何年も経っていた。

 

以下、この1ヶ月ぐらいのTSUTAYAネットレンタル。

HOT! / KEYTALK
とりあえず今売れているバンドをチェックしとこうぜ枠。

COMPLETE BEST / MOON CHILD
「ESCAPE」一発屋90年代バンドだが、「Hallelujah in the snow」もとても良かった。今更ようやくベスト聞いてみようぜ枠。

Dear... / Dream
思えば「My will」と「きみがーいーてー♪」(ヒカルの碁OP)しか知らねーんだよな…。

Single Collection Decade-15 / D-51
先日05年ヒットについて書いたけど、「NO MORE CRY」の突然ヒットも10年前かぁ…。全シングル追えるお手軽そうなオールタイムベストを手に取ってみたら全17曲80分って重量級!

Sweet Noodle Pop / little by little
「悲しみをやさしさに」が一発ヒットした00年代特有のソニーアニメタイアップ歌手。一周聞いてみたら、「悲しみをやさしさに」が流れた瞬間「悲しみをやさしさに」が圧倒的に全部持っていったこの感じ。やっぱりこの曲だけずば抜けて名曲やわ。

SINGLES 04-12 / TRIPLANE
前々から気になっていたのに手に取るキッカケが無かった。どーなのかなー。

他にもFIELD OF VIEWの4th,5th、ARC-Vのサントラ3、[Alexandros]の新作、doaのベスト盤をレンタルリストに登録中。借りるだけ借りといて一向に消化が追い付かな


7月10日(金)
Wii U買った

「遂に俺にもWii Uを購入する時が来たか…!?」と発言したすざきんぐ氏が翌日の5日昼頃に、早速Wii Uを購入していたことがわかった

「マリオカート8」が搭載済みのセットを選び、「スプラトゥーン」も同時に購入。決断早すぎ…いや、思い立ったら吉日だぜ!!

 

というわけでWii以来7年ぶりに新ゲームハードを家に揃えた俺。これで俺が持っていない任天堂ハードはバーチャルボーイだけ!…なんだけど、久しぶりに新しいゲーム機を立ち上げてみたら予想以上に設定する項目の多さにびっくりした。ニンテンドーIDの登録にWi-Fiの設定etc…やっと終わったと思ったら今度はWii U本体の更新って。パソコンの初期設定よりもややこしくねーか。最早子どもだけではプレイ不可能…ってか、大人の親がいても設定不可能な家もあるんじゃ?

…とぶつくさ言いながら、起動から30分後にようやくスプラトゥーンをプレイ。その圧倒的な爽快感と迫力に感動した。

あまりにもFPSとかこういうシューティングゲームが苦手なので(好きなんだけど)練習のために1人用のヒーローモードをやってるんだけども、1人プレイゲーとしても割と難しいし、隠しアイテムのミステリーファイルの隠し場所も「え?そんなとこにあんの?」みたいな謎解き要素も面白い。クラッシュバンディクーのダイヤとかドンキーコングのDKコインを思い出すような。最近のゲームナメてた。

ゲームパッドを動かしてカメラ視点を動かすジャイロ操作は最初「あ、これ無理」って右スティックでのカメラ操作に切り替えたけど、1日それでやって物凄くプレイし辛かったので速攻でジャイロ操作に再選択。これは慣れるしかないな…。

とりあえずヒーローモードのクリアを目標に当分頑張るか。


7月4日(土)
スーパーマリオ芸人

先日アメトークでスーパーマリオ芸人なんてものをやるもんだから7,8年ぶりにアメトークを録画して観てた。任天堂がライセンスビジネスに目覚めてパズドラとかとコラボしまくるようになってからマリオ出稼ぎまくりやな。

いわば「スーパーマリオブラザーズ」を少年時代にリアルタイムで遊んでいた世代の芸人がマリオやったことない雨上がり決死隊とゲストに熱弁する内容だった。そんなわけでほぼ「スーパーマリオブラザーズ」歴代最高傑作の「スーパーマリオRPG」を完全スルーなんて何を考えているんだどちらかというと「スーパーマリオ64」を幼少期にやり込んだ世代なんだけど、「スーパーマリオブラザーズ」はスーファミの「コレクション」やゲームボーイカラーでのリメイクでプレイしていたので、チビファイアマリオとか懐かしくて面白かった。

…っていう俺もマリオシリーズは「ペーパーマリオRPG」(04年)が最後っていう立派な懐古世代だよなぁ…。中学以来ゲームをあんまりやらなくなったから仕方無いんだけど。正直Wii世代になってからゲームの難易度が格段にガタ落ちたっていう勝手な印象があるんだけど、ギャラクシーとかNewとか最近のマリオゲームはどうなんだろ?

あとハリウッドで実写映画が作られてたことに触れられてたけど、アニメ映画も実はやっててクッパの声を和田アキ子がやってたってのは黒歴史なんですかね?

 

ニコニコユーザー的には改造マリオが一番懐かしいところなんだけど、あれを今になって遂に公式化した「スーパーマリオメーカー」なるソフトが9月に発売されるらしい。何それめっちゃ欲しい。遂に俺にもWii Uを購入する時が来たか…!?

そんなわけでいよいよWii Uが欲しくなった。スプラトゥーンも欲しい


7月3日(金)
24歳

・今日で24歳になった。「20代になってからは早い」とよく言われるように、本当にあっという間に時間が過ぎていく。そして年々重ねるごとにそのスピードが最先端から加速するので(唐突なB'z)、日々これまで以上に無駄にせず生きていかないといけないなと思う。

また、特に20代になってからは「こうなりたいと思える大人」よりも「こうはなりたくないと思える大人」という残念なパターンと出会う比率が多くなった。もっと前者との出会いを大事にしたいものだが、俺も油断していたら後者になってしまう危険があるわけで…。いい30代を迎えるべく、変えられないもの、変えるべきものを間違えないようにこれからも生きていきたい。

 

・久々のアルバム感想にDef Tech。なんか唐突に「My Way」マイブームが10年ぶりに来た。このどこまでも直向きな開放感は最高すぎる…。

それにしても、これが大ヒットしていたのが05年夏。すざきんぐ年齢にして当時14歳(中2)。今当時のチャートを振り返ったら05年っていきなり大ヒットした謎の存在が多かった気がする。デビューからいきなりミリオンまで行ったDef Tech以外にも

Janne Da Arc「月光花」(アニメ「ブラック・ジャック」OPで突然大ヒット)

BENNIE K「Dreamland」(コカコーラCMで突然大ヒット)

トンガリキッズ「B-DASH」(スーパーマリオブラザーズの有名なBGMのサンプリングで下位から上昇してロングヒット)

O-ZONE「恋のマイアヒ」(空耳がウケて大ヒット。でも2chをコケにした著作権問題で空耳がタブーになる等シオシオな顛末が…。)

修二と彰「青春アミーゴ」(まさかのミリオンヒット)

そういやドラマ主題歌でKやCrystal Kay、サンボマスターも1,2発大ヒット、ケツメイシ「さくら」がミリオン級ヒット、ハピマテのCDが延々ランクインしていたりORANGE RANGEや大塚愛が全盛期だったりしたのもこの時期だった。そうか、あれから10年か(懐古厨並の遠目)

…って脱線。すっかり今の感覚に慣れきっていると、このどこの誰かわからん存在でも突然の風に吹かれてドカドカ大ヒットが出ていた時期が目新しすぎる。なんだったんだあれ。今でも無名アーティストが一気に地位を築くことはあるけど一定の界隈だけで騒がれることが多くて、こんなにヒットシーンに出てくることはない…気がする。時代変わったなって。…いや、単に俺が当時流行に敏感な10代ど真ん中だっただけですか?

あとこの頃にデビュー、ブレイクしたのがYUI、コブクロ、スキマスイッチ、レミオロメン、倖田來未、UVERworld…。今でも根強い固定人気のUVERや未だメジャーシーン最前線のコブクロってすげーな。


7月1日(水)
夏うたSP

・7月の始まりがよりによって記録的大雨とかそりゃねぇよ…。

・先日のMステ夏うたランキングSP。2015年版ランキングを発表!とか宣言してるのに宣伝映像はことごとく15年以上前の曲ばかりだったのでどうせ懐メロランキングだろ…と思ってたら、ゆず「夏色」が1位だった。いや「夏色」も17年前の曲か…。発売当時俺が7歳だったので、あの頃小学生だったリスナーがちょうど懐古し始める年代なのかも。

夏うたランキングが10年前に始まった恒例行事とか最初にアナウンスされてて1回目の1位も紹介されてたけど、3回目以降ずっとサザン1位だっ…。因みに1回目の1位はORANGE RANGE「ロコローション」と紹介され、今年も38位にランクインする根強い人気。06年に1位獲ったDef Tech「Catch The Wave」は一体どこへ行ってしまったのか…。今更ながら「My Way」が10年越しにマイブームになってんだけど。

2010年代以降のランクインはAKBの投票券シングル3曲+「恋するフォーチュンクッキー」、嵐「Summer Splash!」、三代目の「R.Y.U.S.E.I.」。まあこの5年でそこまでヒットした夏うたがあるかと言われれば微妙だし、そもそも40位からの発表なので定番曲で固まって当然だろうって気もするけど…。三代目がランクインしてEXILEが1曲も入らないなんて意外だった。

しかし毎年トップ10に確実にランクインして、今年も9位に入ったケツメイシ「夏の思い出」この曲ってそんな大ヒットしてたの?

 

・放送終わった後に他に夏うたって何があったかな?と思い返してたら、2年前の日記で勝手に夏うたランキングをやっていたのを思い出した。自分で書いたランキングなのに「あったあった!」と思い出すのも多い。とはいえ、今改めてランキングやっても順位は変わっても顔触れは変わらないだろうなぁ。

今は「夏色えがおで1,2,Jump!」が夏うたNo.1ソングですわ!

 

…はぁ…カラオケいきてぇ…