2015年3月 ~叶えるよ~

3月25日(水)
アニサマ出演者第1弾発表

遂に今年もこの季節がやってきた。アニサマに初参戦したのは2010年…気付けばもう5年前か…。

そんなわけで第1弾の出演者アーティスト発表。

 

初日(2015/8/28)
アイドルマスター 3年連続,5回目
井口裕香
キング・クリームソーダ
鈴木このみ 4年連続
春奈るな 2年ぶり,3回目
μ's 4年連続
ももいろクローバーZ 3年連続,4回目
LiSA 4年連続,5回目(Girls Dead Monster含む)
Ray 2年ぶり,3回目

μ'sが怒涛の4年連続…しかも初日に出戻り。アニメは終了したものの映画をやるということで、その凄まじい人気は健在らしい…。鈴木このみもLiSAも気付けば中堅ポジションになってるし、春奈るなとRayもアニソン歌手歌手壊滅ムードの中でしっかり土台を築いてきたというか。

ももクロは…そろそろ曲あるんですか?…と思ってたら、映画版ドラゴンボールZの主題歌(CHA-LA HEAD-CHA-LAカバー付き)という必殺技を引っ提げてやがった!

井口裕香は満を持してって感じ。キング・クリームソーダはどう考えても1年遅れたんじゃないかとしか思えない気がする。その流れだとニャーKBを出したら…チケ争奪戦が血みどろに

 

2日目(2015/8/29)
アイドルマスターシンデレラガールズ 3年連続
i☆Ris 2年ぶり,2回目
angela 3年連続,6回目(ドメラバ含む)
川田まみ 3年ぶり,2回目
GARNiDELiA
SCREEN mode
スフィア 2年ぶり,3回目
宮野真守 5年連続,6回目
ミルキィホームズ 2年ぶり,5回目
分島花音

アイドルマスターシンデレラガールズううぅ!!!!!!…そして去年アイカツに圧力をかけられたi☆Risうううううううぅ!!!!!!!!!!!!!!!デレマスにプリパラ日和って。この2日目はなんとしてでも行かないと…。

宮野とスフィアが2日目入り。流石に3日目に声優勢を固め過ぎたのを反省したのか…それとも3日目が収まりきらないぐらい声優ラッシュなのかどっちなんだろうな(おい)

GARNiDELiAは「キルラキル」「魔法科高校の劣等生」、SCREEN modeは「黒子のバスケ」、分島花音は「WIXOSS」の主題歌を歌っていた人。分島さんは新人ではなく08年デビュー、去年から積極的なリリース活動を始めたらしく。GARNiDELiAはむしろ何故去年出てなかったんだ…っていう勢い。SCREEN modeは聞いたことないけどアレなのかな、サイラバ的なポジションなのかな?

あとは08年以来のベテランangela…よりも、2010年以降しぶとく居座り続ける(去年だけお休み)ミルキィホームズの存在感がハンパ無い。

 

3日目(2015/8/30)
綾野ましろ
内田真礼
小倉唯 3年連続
小野賢章 2年連続
GRANRODEO 8年連続
ZAQ 3年連続
JO☆STARS ~TOMMY,Coba,JIN~ それぞれ1回ずつ出演経験有り
茅原実里 9年連続
fhána 2年連続 
ゆいかおり 4年連続
怒涛の声優ブロック。茅原実里、驚異の9年連続出演。ハルヒの3人で出ていたのを含めたら10年連続…だと…。しかも水樹奈々は出ない年があったし栗林みな実は今年未定なので、連続出演では最長寿ということに!今年は「ハルヒちゃん」があるのである意味原点回帰ですか。平野あ…
GRANRODEOはここ数年トリで安定してたけど、最終日には水樹奈々が来るだろうので今年は撤退かな。
綾野ましろは去年「Fate/stay night」OPでデビューしたド新人。内田真礼は…「ギミー!レボリューション」を生で観れるのか胸熱!
というか「ギミー!レボリューション」を作った人のバンド未だ一向に気配が無いけど、今年も出ないのかな…。
小倉唯が3年連続。2012年はStylipS&ゆいかおりとして出演したものの、翌年StylipSが実質解散。ゆいかおりは生き残ったもののアニメタイアップが未だに一切無く、アニタイ尽くしの小倉唯のバーターでしかない現状で、小倉唯こそ最強の生き残りということに…しぶてぇ!!

3月22日(日)
エンタの神様

なんか復活SPをやっていたので久しぶりに昨日観ていた。中学時代、オリラジやですよ。がエンタに出まくっていたのも10年前なんだなぁ。

 

友近だけ「04年収録の傑作ネタ」と注意書きされてたけど、それ以外は今回全部新収録された…のかな?陣内智則は明らかに新ネタだったし、タカトシやドランクドラゴンもすっかりネタのイメージが薄くなったので本業も離さずやってるんだな…としみじみ。ジャングルポケットとパンサーのネタは初めて観た。面白かった。

久々に観るとエンタの空気が懐かしかった上、笑い声が大袈裟だったり、コントをオチまで放送せずにブツ切りしたり(今回はアンジャッシュでも容赦なくブツ切りしてたりかなり酷かった気がする)ネタの披露前に異常なまでにハードルを上げたり(NON STYLEは「投票No.1芸人(5年前のS-1優勝のことだと思われる)」とキャッチコピーされ、「今一番面白い2人の大爆笑漫才!!」とナレーションされるなど…)するのは「ああ…エンタ観てるんだなぁ…」と謎の安心感があった。

厚切りジェイソンや8.6秒バズーカーは今回初めて出るはずなのに最早ホーム会場のような溶け込み感が凄い。ただ特別仕様でフルサイズとか行ってたものの、既に全部見飽きたし新しいネタ展開がそろそろ無いんかねぇ。ジェイソン氏の「四」ネタも掴みにしてはくどくなってきたような。

キンタロー。のネタではスギちゃんと鈴木奈々がゲスト出演して台本トークを展開していたんだが、鈴木奈々が2人を「旬が過ぎた芸人」呼ばわり。その後スギちゃんが一発ギャグをやる流れになったんだが、温めたコーラを持ってきてクマムシの「あったかいんだからぁ♪」を堂々とパクリ。しかもなんかスベリ芸みたいになってしまい、一切出演していないのにクマムシまで巻き添えにするというエンタスタッフの暴虐っぷりが怖ぇ…。

そしてキンタロー。とスギちゃんを「旬が過ぎた」呼ばわりでクビにするのなら、トップバッターでこの2015年に「SHAKE」の激寒替え歌を踊っていた芋洗坂係長を一刻も早くクビにすべき

あと「王者の実力を見せつけるー!」みたいなナレーションが多かったけど、もう5年以上前の王者が多くないっすか?最新の王者が1組も出てなかったんすけど?

 

昔から文句の多かった「エンタの神様」だったけど、間を置いて久しぶりに観たらなんだか面白かった。数ヶ月に1回のスパンなら適当にみときたいかも。個人的にはネタバトル時代の「笑いの金メダル」を復活させてほしい


3月21日(土)
ここ最近のアルバムレンタル その5

EPIC DAY / B'z
4年ぶりのオリジナルアルバム。「有頂天」が良かったので期待。

14章 ~The message~ / モーニング娘。'14
2年ぶりのオリジナルアルバム。正直EDMEDMしすぎて全然別のグループになっちまったなぁ…と郷愁というか、れいな抜けた時点で別物だし…と完全に懐古モードの人間になってしまったものの、さゆ卒業で遂に知ってるメンバーがほぼ皆無になってしまうのはそれはそれで嫌なので。なんだかんだ10年近く離れられないグループである。

YANKEE / 米津玄師
この前「スッキリ」で紹介されていたらしく、母親に「米津玄師って知ってる?」と聞かれた。まさか母親から米津玄師の名前を聞くとは思わなかった。そんなノリで新作をレンタルしてみた。

猛烈リトミック / 赤い公園
このサイトのパクリ元がねごとにハマりまくってるタイミングで赤い公園っていうハズシ芸…というわけではない。SMAPの「Joy!!」を作った人らとしか知らねえけどな…。意外とハマりそう?

We are Buono! / Buono!
partenza / Buono!

TSUTAYAネットレンタルにて。そういえばBuono!のアルバムを2nd以降追っていなかったので補完計画スタート。4年前に「1/3の純情な感情」カバーだけiTunesでダウンロードしたの懐かしいなぁ…。そんなBuono!も来年デビュー10年目らしいね(遠い目)

ONE / Naifu
TSUTAYAネットレンタルにて。「Mysterious」でコナン主題歌史上最高クラスのインパクトを放ちながらも、既にコナンブームは終息しきっていて全然ヒットせずに解散したビーイングの男性ロックバンドNaifu。唯一のオリジナルアルバム。やっぱり今聞いても「Mysterious」名曲。男性ビーイング繋がりでdoaも聞いてみようかな。

CITY / tengal6(現:lyrical school)
TSUTAYAネットレンタルにて。在庫数が極めて少ない上に人気が高かったので登録から発送まで2ヶ月近くかかったぜ…。ヒップホップアイドルユニットって気持ちよさそうで手に取ってみたんだけど、一応これが原点のアルバムってことになるのかな。先日出た新作も聴いてみたい…けど、ネットレンタルに入荷が!無い!


3月20日(金)
「M-1グランプリ」名言botをスタート

・一昨日のドラマ最終回で「相棒」は成宮犯罪者化END、「○○妻」は柴咲コウ突然の死ENDという超展開BAD ENDが相次いで胃に穴が空いた上に、一気に快晴日和になったと思えばいきなり豪雨、でも気温は上昇…というジェットコースター気候で体がついていけずに今年最高に体調ダウン。先が読めないのと期待を裏切るのとでは全然違うと思う。

 

・Twitterにて、新しくbotを作ってみた。既に公開している「金田一少年の事件簿」名言bot「遊戯王デュエルモンスターズ」シリーズ名言botに続く名言bot第3弾である。

「M-1グランプリ」2001-2010名言bot

今年M-1が復活するということで、全大会のDVDをレンタルで観返したついでに作ってみた。今こうやって作ってみるとやっぱりM-1は名言が多い。熱い。今年も新たな名言が生まれれば…いいな。

とはいえ、まだざっと投入してみた感じで個数は少ないので、「こんなのなかったっけ?」「これは入ってないの?」っていうのがあればご一報よろしくです。


3月18日(水)
アルバム対談レビューを更新/相棒最終回

・久しぶりに「Beautiful Dreamer」との対談レビューを実施。新基軸として、このコンビでは初のアルバム全曲レビューになった。

WANDS『PIECE OF MY SOUL』全曲レビュー

まず発売20周年、10周年を迎えたキリのいいアルバムをやろうという話になり、お互いよく聴いているアルバムを挙げて、これならBeautiful Dreamerっぽいし第1弾にピッタリじゃね?ってことでWANDSになった。正直このアルバムを知ってまだ3年経ってないのでMOMAさんとは聴き込み度がまるで違うけど、今改めて聴いてみたら奥が深いアルバムだな…と。一曲一曲掘り下げる間に、また好きな曲が1つ1つ増えていったような気分。面白かったのでまた続編をやれたらいいな。

 

・相棒が最終回。今期で甲斐くん(成宮寛貴)が卒業するのでどんな終わらせ方になるのか…と思って観ていたらまさか想像遥か上空の実は犯罪者でした逮捕END

あらすじとしては2年半前から法を逃れた犯罪者を暴力で断罪する「ダークナイト」なる犯罪者がいるっていう話になり、遂に殺人まで起こしてしまったと事件に。しかし甲斐くんは初っ端から模倣犯説を唱えまくって捜査から対立。その男は逮捕されるも自分は本物のダークナイトだと言い張って薄ら笑っていたが、本物の思惑で逃走させられ、逃げた先でフルボッコにされてしまう。父親や恋人はさもダークナイトの正体を知っているかのような素振りを見せるし、明らかに挙動が怪しい上に先週の予告の時点でダークナイト=甲斐くんと思わせる描写があったが、ミスリードでも何でもなく甲斐くんがダークナイトとして確定

なんでも親友の妹がヤク中の通り魔に殺害されていたという新設定が唐突にぶっこまれ、2年半前に無罪釈放された犯人をフルボッコにして断罪。親友の青年も唐突に新登場。あくまで復讐ではなく「敢えて自分がやることで暴力での制裁の空しさを親友に思い知らせる」狙いだったらしいのだが、想像以上にネットでダークヒーローっぷりが賞賛されて悦楽に浸ってしまい、「ダークナイト」として連続暴行事件を起こすようになってしまった…という。よりによって右京と出会った直後にダークナイト化というのが酷すぎる。父(石坂浩二)はドラ息子が本物の犯罪者になったショックか「右京の完璧超人っぷりにコンプレックスを感じて暴走してしまった…」と今まで微塵にも描かれていなかったことを語りだし、「やっぱり杉下右京は人材の墓場」とほぼ忘れ去られていた設定を持ち出して半ば右京に八つ当たり

流石に相棒の犯罪者化(3年間一緒にいたのに全然気付けなかった)&おめーのせいで息子が犯罪者になったと言わんばかりの発言のダブルパンチで堪えたか失意状態の右京、部下を犯罪者にしてしまった監督責任で無期限停職処分に。実況検分として一時的に牢屋から出てきた甲斐くんと一時的に再会して別れを交わし、飛行機でどこかへ旅立っていった…というラストシーンで終幕。

因みに言うまでもなく、ダークナイトという存在も最終回にて唐突な初登場である。

 

衝撃の相棒逮捕END。亀山みたいに1シーズン通して伏線があったわけではなく、本当に突然の超設定追加メドレーによって3年間通して裏で犯罪活動していた青年にさせられてしまったぞ…。てっきり以前から描かれていた父親との確執だとか、ここ数週で畳み掛けていた恋人の妊娠&白血病展開で終わらせるのかと思ったら全部丸投げ。牢屋にぶち込まれてしまった以上父親とはこれ以上進展は難しいだろうし(逮捕時に再開してちょっと和解した風ではあったけど)、恋人が犯罪者になった挙句に子供を身籠った彼女には悲惨な未来しか見えない。せめてこのシーズンの間に右京と敵対しそうな描写を入れておけばまだどうにでもなったのに。「金田一少年の事件簿」の千家をも越える、想像を絶する超展開。マジでどうしてこうなった?

右京さんも失意のまま実質クビになり、海外へ行ってしまった。これで行先が亀山のいる貧困国だったら面白いけど。課長や捜査一課、米沢さんも甲斐くんの暴走についてやり場のない憤りを叫ぶ悲しいラストカット。今回のシリーズで何度か登場していて明らかにキーパーソンになりそうだった仲間由紀恵は完全スルー。シーズン13で動かしていた展開全部スルー。まさかこの手の丸投げ超展開手法を「相棒」シリーズが使うとは思わなかった。色々と強引すぎる結末だった…。シーズン14はちゃんと制作されるんだろうか…。


3月17日(火)
ここ最近のシングル・アルバムレンタル その4

シングル

愛唄 ~since 2007~ / whiteeeen
映画「ストロボ・エッジ」主題歌。原作漫画が連載されていた頃のヒット曲ということで「愛唄」が起用され、そのついで装いも新たにオーディションで選ばれた女性グループによってリメイクカバー展開になった。8年前の曲だけども、もうGReeeeNが懐メロ扱いされるとはびっくり。まあ確かに(ORANGE RANGEで例えると)2011年には「上海ハニー」は懐メロだったけどな…。女性ボーカルに加えてGReeeeNみたいに歌声が加工されていないので全然違う雰囲気に聞こえる。原曲より透き通ってるような。曲自体がストレートに名曲なので文句無しのカバーって感じ。

Ghost / androp
ドラマ「ゴーストライター」主題歌。今期の数少ないドラマタイアップ新世代アーティスト枠はchayとこの人達らしい。てっきりドラマで流れた時は韓国の人の曲かと…。このバンドは元々謎めいたイメージはあったけど、掴みどころがなさそうでどこか強烈さのあるバラード。気付けば年末までエンドレスリピートしてそう。クセになる名曲…かも。

あったかいんだからぁ♪ / クマムシ
元々この歌はクマムシの漫才のネタ(坊主の方が突然「女の子に生まれ変わってアイドルになったら」と抜かして歌い出し、相方が困惑してツッコみまくる芸)で、その歌部分だけを一曲に仕上げちゃったのが今作である。歌ネタをCD化してMステに出演という波田陽区の辿った道一直線コース。もっとタイトル無かったのかと思ってしまったけど、これで変にタイトルあったらマジで芸人捨て去ってるし、これで丁度良かったのかも…。しかもバックのサウンドが無駄に豪華でぎっしりしているので曲だけでも十分ハマってまう。お笑い芸人としては全く面白くないので生き残れるかわからないが、歌だけならヒット曲として飛ばしたし紅白までは安泰かもしれない。

 

アルバム

sphere / スフィア
ベスト。もう「Non stop road」まで思い出クラス、「Hazy」辺りは完全に過去になったのでスフィアは時代が丁度一周したかなっていう感覚。なんか今日は一気に初夏日和になったので外で聴く「Non stop road」が異様に名曲に聞こえた。

FLOW ANIME BEST 極 / FLOW
2010年に続いてアニメベスト第2弾。事実上のオールタイムベスト。…今年もこれ引っ提げてアニサマあるかな?

ALL SINGLES BEST / 清水翔太
2枚組シングルベスト。最初のシングル2作と「366日」カバーしか知らないので丁度いい機会に。い~まさらかえれないよ♪(7年前)

L album / KinKi Kids
借り忘れていたのを補完。これでキンキは「i album」以降コンプリート…のはず。

PLASTIC / Aira Mitsuki
Aira Mitsukiといえば、Perfumeがブレイクしたタイミングでネクストブレイク候補としてよく取り上げられていたテクノポップ歌手。ヤスタカではなくかつてビーイングにいた大西輝門プロデュースで活動していたもののほとんど鳴かず飛ばずで活動休止…で完全に忘れ去っていたが、レンタル棚で見かけてふと思い出してレンタルしてみた。この手のテクノポップも完全に懐かしい音楽ジャンルになった感が…。


3月11日(水)
ゼミ飲み会/よしもと漫才劇場に行ってきた

・日常ネタを取り上げようにも学生じゃなくなってからあんまり書くようなことも起こらなくなった。ここもパクリサイトらしく「雑記」を名乗ったらいいかもしれない…。

・そんなタイミングで久しぶりに日記らしい出来事。大学時代のゼミ後輩がもうすぐ卒業するってことで追いコンにOBとして呼ばれたので一昨日参加してきた。月曜開催って完全にOB呼ぶ気ゼロだが…予定を開けられた俺と途中30分だけ来た同期の2人がOBとして参加。まあ俺が後輩達に言えることは生きてたらなんかいいことあるってことぐらいだけどな!皆さん変わらず生きてて何よりだった。去年俺に影響されて「ユーザークリエイトコンテンツ」(二次創作)について卒論を書くことにしていた後輩も、その道のまま卒論完成させてて嬉しい(もう一つ下の代はパッと見良くも悪くもフツーの適度に真面目で適度にチャラい学生ばかりで、そういうサブカル系の卒論は一切出てこなさそうだけど…)。

そんで飲み食い放題120分。揚げ物メドレーで俺の体重が再び90台に突入するのも時間の問だ…後輩にカラオケに誘われたのでどうせまとめて会えるの最後だろうし行くかってことでカラオケオールのちに帰宅。カラオケオールなんて去年の卒業式以来じゃないか。どうせ寝オチしそう…と思ってたけど割とナチュラルに一睡もせずカラオケが終了。強くなったな、俺(何にだよ)。

どうせなんで歌った曲列挙

01. Super Driver (AYA HIRANO FRAGMENTS LIVE TOUR 2012) / 平野綾
02. FREEDOM / La-Vie.
03. 光るなら / Goose house
04. Make it! / i☆Ris
05. フレンズ / 中野愛子
06. Calling / 嵐
07. AM11:00 / HY
08. 街 / SOPHIA
09. Snow halation / μ's
10. もどかしい世界の上で / 牧野由依
11. チャージマン研 / ひばり児童合唱団
12. LIVE & LEARN / Crush 40
13. ギミー!レボリューション / 内田真礼
14. 渇いた叫び / FIELD OF VIEW
15. Daydream Syndrome / 藤沢鞠菜
16. O2 / ORANGE RANGE
17. エプロンだけは取らないで! / ゆい(CV:喜多村英梨)
18. すげえんだって・ヴァ! / 日下部みさお(CV:水原薫)
19. DRAGOSTEA DIN TEI / O-ZONE
20. Little Busters! / Rita

いやぁ、アニソン、アニソンだったね。JOYSOUND(笑)になりかけているJOYSOUNDは…μ'sの映像と、チャージマン研が入ってるのがビッグポイントやね!

 

・その追いコンの前に時間があったので、難波のよしもと漫才劇場にも足を運んでみた。先月のルミネ以来2度目のお笑い劇場参戦。月曜だし人少なさそうで余裕だろ…と当日券を予約して発券しにいったら大行列でびっくり。この日は出演者に8.6秒バズーカー観客の8割が女性だったのもそれか!やっぱり凄まじいアイドル人気なんだな…。

バズーカーのネタ順は一番最初のトップバッターでえらい早かったけど、全員のネタ終了後に行われる企画挑戦系のコーナーには一組おらず、次の仕事のために先に帰ったとの一報が。まさかの速攻直帰。大半のお客さんはほぼ8.6秒バズーカーを観に来てたのでは…。まあコロコロチキチキペッパーズのイケボ坊主でだいぶ笑い取ってたから彼サイド的にはだいぶおいしかったのかもしれんけど。あれもエン●の神様が全盛期ならドカンと売れてたんだろうなって感じがした。

そんでバズーカーのネタは…まさかのラッスンゴレライをやらずに違う歌ネタ。一応漫才形式になってて、田中シングルが「もうええわ」って言ってたのがなんか凄い新鮮だった。ただはまやねんがパワフル気味に喋ってるのに対して、田中氏はだいぶ喋り方が歯切れ悪いような…。芸風なのか、連日多忙で疲れてるのか。前「しゃべくり007」に出てた時も声カッスカスだったし。

そしてバズーカー以外の出演者のネタ…ヒガシ逢ウサカは好きなコンビ候補に入れようかなと思った次第。