2013年7月 ~22nd Anniversary~

7月23日(火)
最近GXしか観ていない

5D'sが観終わって久しいので…ここ最近GXを観まくってて今期アニメを殆ど追えてないのでヤバい。なんとも贅沢な悩みである。ようやく異世界編が終わったので、来週にはもう観終わる予定である。

そいでこの異世界編…物凄く重たいストーリーとは聞いていたけど、まさかここまでギャグが消滅してシリアスになるとは…。マジで2年目までどこに行った。序章の黒幕がラスボスに操られていたと思えば亡くなった息子の幻覚を見せられてリアル転落死、学校が異世界に飛ばされて突如漂流教室に、生徒と教師(メイン人物含む)が次々とゾンビ化してバイオハザードに、極めつけにユベルのヤンデレと当時のメイン視聴層だったはずの小中学生トラウマだろこれ。というか新キャラのジムやオブライエン、ダークサイドに堕ちていたヘルカイザーが十代を命懸けで助けていったのに、逆に全く役に立たないどころか十代を追い詰めて覇王化させる一因になってしまったこれまでの仲間って一体…オブライエンがかっこよすぎて途中万丈目達を忘れるところだったぜ。

というわけで、昨日やっとユベルと十代が超融合したので、今から二十代さんの活躍を観ていきますね。今期アニメ感想の再開はしばしお待ちください。

 

因みにこの数年殆ど観ているドラマについては喋ってないが、「SUMMER NUDE」と「DOCTOR2」、「半沢直樹」は観ている模様。なお一番最初のは9割橋本奈々未を拝むために観ているといっても殆ど過言ではない。ヒロイン2人の初期設定がニートって新しすぎるだろ…。残り2つは主に夕飯時に親が観ているため。ドクターは1期観ていなかったけどこれ高嶋政伸のギャグドラマだったのか。半沢はドラマで久しぶりにネタ抜きで話に惹き込まれる感覚が。


7月21日(日)
乃木坂46の握手会in京都へ行ってきた

我が誕生日に発売された乃木坂46のシングル「ガールズルール」。その買った3種についてきた握手会イベント参加券を使って生まれて初めて握手会へと今日足を運んでみた(厳密には西宮ガーデンズのDancing Dallsフリーライブ後のCD即売握手会以来、ちゃんとした握手会メインの現場は初めて)。実はAKB48の「桜の栞」を買った時も握手券がついていたのに、めんどいしそこまでファンじゃないからいいやと蹴ってしまったのが2010年春。今思えばあの時行ってたら幼き日のまゆゆと握手できた…じゃなくて、あれから3年経って初めて行く握手会がまた48系グループ絡みとはなぁ。

 

場所は京都駅からバスで数分のパルスプラザ。乃木ヲタの大群でバスがぎゅうぎゅう詰めになる事10分。乗車時に料金を求められ5000円札をいきなり渡す迷惑行為に及ぶ柊朱雀氏。運よく前の人が1000円札を使いまくってなかったらお釣り無しで詰んでたな…。

 

というわけでいざ到着。整理券を頂き、朝起きてすぐに出発したので腹下りとの格闘がMAXだったので用も足し終わり本番を待つのみに。ちらりと辺りを見回すと、やっぱり同世代かそれ以上の男性中心だったが、女性もそれなりに多く小学生らしき子もちらほら見かけたのでやっぱりAKB系列は規模が違うんかなぁと現場にわかながらにふと思った。

最初はミニライブとレーン決め抽選会トークに1時間。いきなり松村沙友理以下さゆりんごの声が開演前ナレーションで聞こえてきたので俺大歓喜。曲目はシングル収録曲。ライブ初披露という「他の星から」が思いの外ハマったとか、「コウモリよ」は昨今ヘビメタやロックに特化したアイドルグループさんが台頭してきてそっちの方で確立されている中で敢えて乃木坂がやる必要性は果たしてあるのかな…と改めて思ったりとか、「世界で一番孤独なLover」はやっぱりモロ一昔前のハロプロっぽいのにけっこうに人気曲なんだなーとか。Dブロックで遠目だったけど「ガールズルール」含めてしっかりとステージを始めて観れたので満足。

 

そして本番。当然さゆりんごと握手するぜ!と意気込んでの参戦だったが、何と抽選で発表されたペアは天下の若干ねじ込み感がある月9女優の橋本奈々未。握手会のシステムとしては同じレーンの2人と握手していく事になるので、大人気メンバーが2人合わさって4列ほどの長蛇の列。す、スゲぇ…。あまりに人が多く、その分時間もかなり短かったので正直ななみんには「月9毎週拝見しております」、さゆりんごには「一推しです!初めて握手会来ましたッ(退場と言うだけでいっぱいいっぱいだったが…いやはや、初の握手。さゆりんご&ななみんとの握手。喜んでもらえた。沸き立った。大きな一任務を終えた感覚を覚えました。欲を言えばもっと話したかった…あっ、ああ、それなら個別握手会にいこう!ってことですか、そうですか

 

と大きな目的は達成したので、残り2枚を違うレーンを回ることに。ごめんさゆりんご以外の2枚どう使うかまで考えてなかっ今話したいメンバーの元へ行くことにして、星野みなみ&桜井玲香、井上小百合&大学の友達がダウンタウンDXを観て以来ファンになったという高山一実レーンへ。以下、話した内容まとめ。

 

星野みなみ
「CMとポスターいつも見てます、握手会は初めて来ました!応援しています!」

桜井キャプテン
「(乃木どこの)バンジージャンプお疲れさまです(笑)その勢いを貰って僕も就職活動頑張りますw」

井上小百合
「僕もGalielo Galileiの「Imaginary Friends」好きですwブログ読んでシンパシー感じました(小並) 応援しています!」

高山一実
「友達がダウンタウンを観てファンになったと言っていました!今日は来れなかったそいつの分も応援しています!」

 

そういえば以前も某平野女性声優さんのFCイベでも受験応援してもらってたっけなぁ…と思い出す。ほしみな、わかってはいたけど「また来てください」って言われたらまた行きたくなってしまうやないか。キャプテンに「おお、頑張って!(ガッツポ)」と去り際まで言ってもらえたので終わった後も一人で軽くニヤけてしまうという握手会恒例らしい症状も。さゆにゃんさんはまさか「Imaginary Friends」の話題になったヲタは他にいたのだろうか…?友人、かずみん「その友達も来てよー!」って言ってたよ!あと声がTVで聞くよりワイルドだった。

しかしこの4人は最初の速攻終了レーンに比べてそこそこ会話する時間があったが、長蛇をこなした後だったからかこちらは1列ですぐに入れた。周りを見ると1列できてたら万歳クラスのレーンもあったので、噂には聞いていたものの人気格差みたいなのは本当にあるんだなぁ…と。

 

これにて3枚使い切ったので人生初の握手会撤収へ。いやぁすこぶる満足だった。帰宅途中に郵送予定だった履歴書in封筒が鞄の中で大ダメージを負っていたり、定期券が改札に喰われたりと不幸が何故か連発していたがまあいいだろう。また次の握手会も行きたい。こうして少年は一歩坂を上ったのであった。


7月19日(金)
カラオケオールを追い出される

水曜に前期ゼミ最終回ということで打ち上げで焼肉へ。スケジュールミスでセッティングが急だったとはいえあまりもの当日キャンセルの多さに呆れつつ、その中でも来てくれた3回生後輩2人と同期8人+教授に感謝して乾杯。この手の場合によってはビールはおろかチューハイ1杯でノックアウト…となってしまう事もある酒にそんな強くもない方の俺だが、この日は麦焼酎をロックで飲み干すという絶好調。肉も最初に運ばれてきた分があまりに多かったので食べ放題のオプションは全く問題ではなく、腹一杯喉一杯の打ち上げであった。オサレ居酒屋で半端な量のコース料理頼むよりは断然にイイ。

 

そしてその後、まあ所謂流れで残ったメンバーで大学前のカラオケフリータイムでオールしようか!ってノリに。俺含めて有志4名。久々に大学の友人とカラオケだぜー最初入った時店員に「もし混み合った場合は来客にお譲りください」とか怪しい事言われたような気がしたぜ焼酎飲んだ後の水樹奈々凛として時雨遠藤正明はちょっと鬼畜だったぜとか思いながら3時間ぐらいが過ぎ、まだまだこれから!…と意気込んでいた。しかし…。

 

何の前触れも無く入室前のフラグを回収するかのように受話器から電話音が。全員が察したように覚悟を決めていたが、電話を取った友人が戻ってきて。

 

「あと10分で退出してほしいんですがいいですか?って…」

 

 

 

        ____
       /::::::::::  u\ぬえええええええええ!!!!!!!!
      /:::::::::⌒ 三. ⌒\
    /:::::::::: ( ○)三(○)\
     |::::::::::::::::⌒(__人__)⌒  |
    \::::::::::   ` ⌒´   ,/
    ノ::::::::::u        \
 . /::::::::::::::::     u      
  |::::::::::::: l  u            
  ヽ:::::::  -一

てか「してほしいんですがいいですか?」って何だよ、退出しませんっていう選択肢はあったのかよ…?

というわけで権力には逆らえずに夜中1時半に退出。既に終電が過ぎて長いので路頭に彷徨いかけたが、何とか一駅向こうのデニーズに到着。急遽場所をそっちに移して朝5時まで寝ずに語り明かしたという…。ブラボーファミレス。大体こういうのはドリンク一杯orドリンクバーで夜を明かすもんなんだろうが、何か急にパスタが食いたくなってきたので深夜3時にエビのトマトクリームパスタを注文。さぞ店員は何だこいつ…だっただろう…。というわけでそこから始発の時間に駅まで辿り着き、最後の睡魔(6時頃が一番ヤバイ)と戦いながら明石へ帰還していった。

 

まさか大学前一人暮らしじゃないのに深夜1時半追い出されとは4回生にしてトンデモ体験談だった。予約絶対神である事が充分にわかった。気を付けよう。


7月14日(日)
ここ最近の夏アニメ感想 その2

春アニメ日常枠をちまちま消化する流れで「ハヤテのごとく!」を今日観ていたけど…やっぱりハヤテキャラ一番可愛いのはだよね!おいヒナギク最高とかいってた高校時代の俺はどこへ…

 

特例措置団体ステラ女学院高等科C3部 1話
今期女の子きゃっきゃうふふ枠その3…?女子高へ入学早々高校デビューできずにぼっちになってしまった主人公のゆらちゃんがルームメイトの棒読みれんとに誘われ、女子連中でサバゲーに興じるC3部(シーキューブ)に誘われた…というお話。設定を前情報うろ覚えで観てたら「あ、これ銃の擬人化アニメじゃなかったんだ」って素で思ってしまったから時代って恐ろしいねー、ねー。サバゲーの描写は俊敏で見応えバッチリ。女の子達も可愛いので文句なし。特にあの金髪のオレ娘いいっすね!

…と、EDクレジットみて牧野由依が主人公役で驚いた。出演作観たのは「大正野球娘。」「Angel Beats!」以来かな…?

 

サーバント×サービス 2話
1話を録画し忘れたので2話から。「WORKING!!」の作者が連載している漫画が原作らしい。あっちのファミレスのノリが北海道の区役所に移ったような感じと評されていたが、区役所視点というのがイマイチわかり辛いので入り込めるかな…。そんな事はあまり関係なくノリでほのぼの観れるから無問題かな。キャラは普通に山上ルーシーさんが可愛いと思います。OP映像がやたら作り込まれてて凄く見入ってしまった。

 

幻影ヲ駆ケル太陽 1話
タロットカードが好きな女の子を巡る運命のお話らしい。つい最近までタロット占い師が究極のDのカードを受け取るや否や破滅の光に囚われて世界を滅亡させようとする敵と化してしまう「遊戯王デュエルモンスターズGX」というアニメをずっと観ていたので、そういう話かと思いきやそうではないらしい。とはいえ同級生と闇堕ちや鬱展開のフラグがあったり、主人公の子がひたすら謎の化け物に絞殺されたと思えば能力を覚醒?させたり、タロットからバトルを繰り広げる別の存在が出てきたり、夢オチだったり、そうでなかったり、で1話だけではわけがわからなかった。この手の話は化けるかもしれないので観てみよう…かな。

 

ロウきゅーぶ!SS 1話
話題を一躍に集めた1期は2年前。気が付けばOP/EDを歌う主役メンバーは日高さんを除いて全員チャートトップ10クラスでCDデビューという大物集団と化してしまった。そのまま前作のちょっと後の時間軸で夏休みが終わる直前のスタート。思い出作りにメンバー皆で夏祭りに行こうとするも、厳格な父親に最近バスケに熱中しすぎている、遊びには行くなと叱られた智花。それでも母親と昴の計らいで無事夏祭りへ。皆と合流して花火を見に行くところを父親に見つかって連れ戻されようとするも、昴や仲間達の人格と温かさに触れてあっさり改心するという、智花パパちょろいエピソードだった。智花パパはそこまで物語に関わってくる感じではなく単にレギュラーキャラ勢揃いの小学生最高シーン満載の1話サービス回だったっぽい。

OP/EDは前作提供陣まま。EDの歌詞では「小学生は最高だぜ!」と堂々サビの歌詞に。空耳らしいが…ゲームのCMでも昴が小学生は最高と言っていたり完全に公式ネタ化していたらしい。ひなた!公式化はまだですか

 

私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い! 1話
これは友達が持っていた原作を大学でちらっと読んだことがあった。これは30分アニメ化無理だろ…と思ってたんだが…。ひたすらコミュ障ぼっちの女の子の原作をそのままアニメ化したらギャグでもあまりにもドキツすぎるので声や動きがついてだいぶ普通に面白く観やすくなってたような気がする。でも、もこっちちゃんが原作よりちょーっと可愛すぎやしませんかね?

 

恋愛ラボ 2話
倉橋ちゃんが可愛すぎて観るのが捗る捗る。新しく3人出てきたけど、このちょこちょこしてて可愛かった棚橋ちゃんの声優の水瀬いのりさんが「あまちゃん」で話題の曲を歌っている人か。下手すると紅白に一番近い声優さんなのでチェック。メモします!


7月11日(木)
ここ最近の夏アニメ感想 その1

・flumpoolの太ったギターがダイエットのために一時脱退してNON STYLE井上へと変身し、あっさり減量成功とか言って戻ってきた一幕を最初と最後のナタリーニュースでしか追う事ができなかったのだが、俺が最近情報系番組を観なくなったからだろうか…?この前flumpoolが出演する夏フェスのサイトの写真見に行ったら恐ろしい勢いで違和感が消えてたけど。

・デュエリストを再開して早数ヶ月、カード屋の中か前に設置されているあのDUEL TERMINALとかいう機械をプレイしている人を一切見たことが無い。

 

今期は観る作品はけっこう多そうであるが、最後までバトル/シリアスとギャグのバランスがすこぶる素晴らしく、ここ数年のギャグ系アニメでは突き抜けて面白かった今年暫定1位「はたらく魔王さま!」を越える作品は現れるのか…?

Free! 1話
男子水泳部の青春を描いた京都アニメーションの新作。かつての仲間達の幼少期が回想され、現代に入ったと思えば美青年の風呂場から始まり、いきなり裸水着エプロンという新しすぎるファンサービス。その主人公らしき男はクールだがいざという時に熱くなりそうな性格に成長しており、かつての仲間達で同じ高校へ進学していた一方で、小学生時代に一人水泳を学ぶために留学するといって別れていた仲間の凛は廃墟のスイミングスクールで再開するや否やかなりドライで捻れた性格になってしまっており、廃墟でいきなりプールバトル勃発(当然水がないので中止)。たぶん実はこっちも熱い性格で再び友情を深めていく…!という展開になっていくもんだと思われる。ここまでイケメンマッチョな男子の水着水泳姿バッチシ。最後はショタっぽいメインキャラの渚が全部服脱いで全裸でプールイン!…と、ここまで腐女子暴走養分たっぷり

そしてEDでは何故か水泳を捨て去って砂漠でマギになったと思えばメインキャラ達で曲に合わせてダンシン!このアニメがどういうターゲットを狙っているのかは1話で十二分でわかった。これは…。

 

犬とハサミは使いよう 1話
読書好きの青年がいきなり射殺されたと思えばになっており、何故か言葉が通じるドSな変人人気作家の夏野の元に拾われる…という、なんというか、うん。相当にお察しなギャグストーリーっぽいんだけども。どう転ぶかわからないし面白くなくはなかったので数話先までは観てみようか。

 

恋愛ラボ 1話
今期の女の子きゃっきゃうふふ枠その1。倉橋ちゃんが男勝りっ娘可愛かったってそれ一番言われてるから!!

 

きんいろモザイク 1話
今期の女の子きゃっきゃうふふ枠その2にしてきらら系。絵柄的になんとなく「Aチャンネル」を思わせる感じ…?イラストタッチで期待させておいてこれで高校生なのは許せn…げふぅっ、不意を突かれたが…。けっこう意外にもこの手のほのぼの系は関心が続かないという傾向があるんやけどこれはどうなるか。キャラはみんな可愛いと思うやで。

 

ファンタジスタドール 1話
カードゲームが題材と言われてデュエリストが黙っていられない。とはいえけっこうに日曜朝アニメ感がしたのでどうなるかな…。カードゲームが得意な主人公の女の子がいきなり謎の敵に追い詰められたと思えば突然カードから未知の存在が現れ、マスターとなって戦うという展開は最早様式美ではあるがここでメインヒロインだけならず一気に一族(5人)全員登場半年前に仲間が集まるまで話数を割いた結果時間切れで超展開でビビッと終わってしまったアニメがあったのでそこに時間をやっている余裕はありません!このカードに眠るファンタジスタドール達を装備等のコンボで操って戦っていくカードゲーム的な展開の模様。

このドール達は主人公のうずめちゃんが「なんでも言う事聞いてくれるっていったよね?」みたいな定番のギャグをかますとマジギレして、とっさに助けてくれてありがとうと感謝を述べると涙を浮かべて和やかな雰囲気になった辺り、ドール達も修羅場を潜ってきた設定らしいけど、敵の設定含めてどう進んでいくのか。カードバトルとストーリーは楽しみである。入浴シーンとかお色気要素も多そうですし。ぐへへ。


7月7日(日)
22nd Anniversary

3日に誕生日迎えてました。遂に22歳。ここまで来るとあんまり変わらないかもしれませんがどうぞよろしくお願いします。

果てさて2013年上半期何やってたかというと…。マジでハッキリと言えるめぼしいものがそこそこの就職活動と「遊戯王5D's」観てたぐらいしか無い。後者の方が時間的なウェイトは高い。DVD1巻から借り始めてまさか数ヶ月で完走してしまうとはねぇ…飽きっぽい自分でも驚きだ。前半はかなりダークでシリアス調+後半からライディング要素が高くなって未来から来た敵と戦うってのが熱くて見応えが凄くあった。結果的にOCG10年以上ぶりに再開するキッカケにもなったし。最初は初代デュエルモンスターズだけで十分だったけど気が付けばそっちよりハマってしまった勢い。

というわけで、5D's観終わったので下半期はGXとZEXALのDVD観ましょうねー!(棒)