2013年6月 ~就活ぼちぼち再開~

6月30日(日)
上半期勝手に楽曲/アルバムランキング2013

楽曲編

1位 Shining Star -☆-Love Letter / 井口裕香
2位 RPG / SEKAI NO OWARI
3位 ワンモアタイム / 斉藤和義
4位 W:Wonder tale / 田村ゆかり
5位 メルヘンデビュー! / 安部奈々
6位 七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ
7位 Beby Sweet Berry Love / 小倉唯
8位 ミステリーヴァージン / 山田涼介
9位 Calling / 嵐
10位 言葉で伝えたくて / DEEN

次点候補
ヴィーナスシンドローム / 新田美波
恋は渾沌の隷也 / 後ろから這いより隊G
サクラハッピーイノベーション / DCⅢのメンバー(割愛)
Dance My Generation / ゴールデンボンバー
せーのっ! / 情報処理部
Mistake! / SMAP
時空ツアーズ / 竹達彩奈
えぶりでぃメリークリスマス / 竹達彩奈
THE NEVER ENDING STORY~君に秘密を教えよう~ / E-Girls
Glow Slowly / 井口裕香

正直に言うと今年に入ってから急激に音楽を聴く時間が激減した。いきなり何が起こったのかはわからないが、新たな嗜好(遊戯王)に目覚めたからか、今まで聴きまくってきた反動なのか…。新たな嗜好というのもWalkmanでサントラを聴きまくっていて、今年一番聴いた曲は?と聴かれればマジで「熱き決闘者たち」!になる勢い(カード買うのに金が行くというのもある)。その程をお願いです。

 

トップ3は鉄板。井口さんは徐々に聴いているうちにかなりハマってきて大当たり。セカオワと斉藤和義は久しぶりにヒットシーン系でガツンとした曲が!とビビっと来た。歌詞も含めて最高。上坂すみれ、小倉唯はStylipSなんてなかったんや!アニサマ含めて今後楽しみになりそう。5位は色々と規格外。山田涼介はたぶん金田一少年ドラマ化補正8割でここに入ったと思う。

次点にあるE-Girlsはあの悪名高きビブ●ア古書堂の主題歌だったんだけど、上半期終えて結果的にまともに最後まで観た今年唯一のドラマなのでけっこう印象深かった。何だかんだ嫌いなドラマじゃなかったのよ。

と、まあ今年は著しくCD手に取る機会が少なかったので20曲絞り出すのも難しかったけど、逆に言うと最初の件含めてその状況から入手してきた20曲なので全体的にはお腹一杯である。

 

アルバム編

1位 DEENAGE MEMORY / DEEN
2位 apple symphony / 竹達彩奈
3位 シンタイソクテイ / 40mP
4位 B'z The Best ⅩⅩⅤ 1988-1998 / B'z
5位 [(an imitation)blood orange] / Mr.Children
6位 裸人 / Rabbit
7位 CIDER ROAD / UNISON SQUARE GARDEN
8位 ブルーメリー / 藍坊主
9位 Sunny Side Story / 戸松遥
10位 Voyager / フジファブリック

ぶっちゃけ1位と2位しか聴き込んでな…DEENのリマスタリングに凄まじく感動、あやちのあやちワールドポップが堪らなかった!いやぁ…約22年生きてきてリマスタリングに感動するというのは初めてだった。

あとは40mPはボカロ系随一生バンドの音を取り入れていて聴きやすいポップスだなとか、Rabbitはよくわからんかったけど何度か繰り返し聴いたとか(「Nikki」は特に曲単位でよかった)、サイダーノーツUNISONは音楽気分沈んでる時に買ったからまだ繰り返し聴いてないなーとか。アルバムに関しては去年80作以上も手に取った割にこれだ!っていう作品に巡り合わなかったのと、近くのレンタル屋が新作アルバムフェア料金が120円→160円に値上げして手に取り辛くなったのでモチベが下がった。これが俗にいう金銭感覚崩壊である。

確か東京女子流も買ったはずだが、目新しい一歩が無くて(Ust放送を毎回観ているほどのファンではないので)俺の中では完全に萎んでいってるなぁ…。ももクロは気付けば手に取るのもおっくうになる程になってしまった。


6月28日(金)
竹達さんのバースデーイベントへ行ってきた

先日に6300円した竹達彩奈のアルバムを購入し、ついでに付いてきたバースデーイベントの応募券があったので夜の部に応募してみたら見事に当選したので、日曜日に再び埼玉/東京へ行ってきた。到着はお馴染みのさいたま新都心。丁度当日はさいたまスーパーアリーナで田村ゆかりさんのライブが行われようとしていたのだが、素通りして目的地へと向かったのであった…。

 

しかしイベントは夜の部なので時間が余りまくり、この前に東京に行く事を友達に話したらその日の昼に西武ドームでらき☆すたデーだかでオリックスvs西武の試合があるから一緒に行かないかと誘われたのでまずそっちへ。まさかの人生初野球観戦。そしてその初観戦が埼玉地元球団の応援とはなぁ…。

外野席でビニールシートを広げて観戦。そして何やら色々文字の書かれた紙を友人から渡されたがこれは選手/アクション毎の応援歌の歌詞らしい。俺は野球観戦はおろかTV観戦も飯食ってる時にリビングで巨人戦やってるのを観るか観ないかぐらいのレベルだったのでアウェーにならないか不安だったが…横に友人がいたので安心だったし、観客同士も一体感があって応援もすんなり入っていけたので楽しかった!バルディリスさんがホームラン打った時の見知らぬ客同士のハイタッチは爽快。思ったよりも野球観るのは楽しかった(一定のフレーズを叫んで応援しまくるのはアイドル系の現場でも慣れてる)のでまた行ってみたくなった。

因みに、試合自体は西武に3点取られて2-4でオリックス側がフテ寝を始めた時にタイムアップで俺はドームを出たのだが、そこから試合が盛り上がって9-9で終了したらしい。

 

そして本番。西武ドームから東京ドーム(シティホール)へと移動した俺。グッズはさほど売り切れていなかったのでTシャツとマフラータオル、パンフレットを購入。開場は遅れていたものの3階席でもだいぶ見回しがよく、「Sinfonia!Sinfonia!!!」のライブ演奏からイベントが始まった。

そこからニッポン放送のよっぴーこと吉田尚記アナが司会として登場。事前にファンから投票を募った大喜利企画やら好きなキャラ/キャラソンランキング、ゆかりのある人からのビデオメッセージ、ミニライブと続いた。よっぴーさんの司会もあって凄く楽しい空間だった。キャラランキングは大正義あずにゃんは当然だろうけどSAOリーファってそんな人気あったのか(3位)とか、キャラソンは俺妹関連が大量にランクインしてたけど観てない奴がここに来てしまって非常にすみません…!とか。キャラソン2位だった「はっぴぃにゅうにゃあ」をソロで歌ってくれたのも嬉し。もう3年前なんですね…。

ゆかりのある人からのメッセージはバンドメンバー除いて奥華子、高森奈津美、巽悠衣子、沼倉愛美、よっぴーさんの奥様、花澤香菜だったかな。終盤には丹下桜がカードキャプターさくらの声で音声メッセージというサプライズも。花澤さんの直後に一瞬悠木碧と思わしき人物が一瞬映像に映り、いざコメント映像となった時もカメラの方向を伺う様子が映されたりおっ、生中継か?と思ってたらバースデーケーキを渡す役割でサプライズ登場あおちゃん可愛いよ!プチミレディで歌わないかなーとも一瞬思ってしまったけど、それはアニサマまでお預けですね!ビデオメッセージについては巽さんはデビュー作の相方やし、駆け出し当時の思い出話とかを聞けてそこまで詳しくない俺でも面白かった。しかし、花澤さんや丹下さんクラスまで登場したのにけいおん関連の人はことごとく全く登場しないんやな…。

で、登場したバースデーケーキは肉ケーキ。よく体型がコロコロ変わったり太ったとかネタにされる方だけど、自分から肉好きを全面に押し出していく女性声優(アイドル寄り)は早々いないんじゃないでしょうかね…。

そして最後はバンドメンバーが再び登場してミニライブへ。大体のアップテンポなアルバム曲はやっていたかな?「えぶりでぃメリークリスマス」はやっぱり大名曲と思うんですよ。バンドメンバーについてはCymbalsの沖井礼二さん始め、大御所の錚々たるメンバーが集結したという事実をよっぴーさんが、一部のメンバー同士についてセッションを見たのは全盛期の小沢健二以来だとか興奮しながら語っていた(一定以上の観客はそれにリアクションしていた)。それ以外も「G.I.W.」は川本真琴が「1/2」ヒット期にお蔵入りしていた曲だとか(これはアルバムブックレットにも載っていたので周知だろうけど)、アニサマでもWANDS上杉昇が長年ぶりに大舞台に帰ってきたりとJ-POP的に物凄い事が色々とアニソン界隈で起こっているのに、その渦中にいるリスナーの多くがその凄さの実感が沸いていないっぽいのもまたカオスな空間だよなあ、と改めて思った。

最後はアンコールではなく、沖井さん主導で入場時に渡された用紙の裏に書かれていたサプライズ企画を。バンド演奏に合わせて「HIKARI」を大合唱。竹達さん号泣。これ竹達さんより奥さんが歌った方がよかったんじゃないかなぁ、としか今まで思ってなかった曲だったけどこれで初めて名曲だー!って思うようになった。いやー、本当にライブ/イベントって素晴らしいですね!これにて、大団円でイベント終了。そして興奮冷めやらないまま彼は何とか夜行バスには間に合い、購入したばかりの彩奈Tシャツを着てその足で大学へ登校していったという…。

 

ということで1週間近く遅れてしまったけど、改めて竹達さん誕生日おめでとうございました!今年も変わらず応援させて頂きますね。


6月15日(土)
ここ最近聴いたシングル感想 その5

・MステのB'zスペシャル。5年前にサザンが、古くは90年代前半にチャゲアスやドリカムが1時間丸ごと貸し切って単独SPをやったことがあるというのに、今回はきゃりーぱみゅぱみゅと関ジャニ∞というあんまり繋がりがなさそうなアーティストが2組も紛れ込んだのは今のMステ制作現場の限界なのか、ビーイングの事務所力の弱さなのか。

司会、タモリまで最近カンペ棒読みしたような棒っぷりでトークが途切れまくるようになってしまった気がする。というか元々タモリの司会は大まかな進行はアナウンサーにやってもらって自分はフリートークを突っ込むようなスタイルだったイメージがあって、やっぱりそのアナウンサーが現在無能すぎて実質司会1人で回すのは大変であーなってしまったのではないか…とも思うけど、それでもタモリ司会者(67)の衰えは激しく見えてしまう。おいタモリ…大 丈 夫 か ?

新曲も「LOVE PHANTOM」「裸足の女神」「ultra soul」もすこぶるかっこよく、先週からわかっていたように親が今日タワレコで2枚初回盤買ってきたので拝借して聴こうと思います。

 

怪・セラ・セラ / 山下智久
山ピーのシングルといえばネタ臭の強い歌謡曲路線かカッコいい洋楽調ダンスナンバーかのどっちかのイメージだが、今回は前者な路線。あの伝説的迷曲「愛、テキサス」に続いていい曲かそうでないかは別として一発で耳に残るインパクトを誇る。メロディーもこれまでより跳ねていて、これをMステ(これしか音楽番組観てない)でどうパフォーマンスするのか観れなかったのは残念だ…。しかし「愛、テキサス」にしろこの曲にしろ何コレ…で一曲終わってしまうのに妙にクセになって飽きなくなるのは前回の相対性理論に続き、楽曲提供した個性派ロックバンド・パスビエの凄さなのだろうか。

ワンモアタイム / 斉藤和義
映画『名探偵コナン 絶壁の探偵』主題歌。映画に限って主題歌ビーイング縛りが無くなったらしく、去年もいきものがかりが担当していた。「ワンモアタイム」といえば2年前のポルノの印象が強いがそれとはガラッと違うバンドサウンドの王道ポップス。「あの叶わぬ夢は無いと思っていた幼い頃の空をもう一度飛んでみよう」と歌いかける渋い応援ソング。どちらかというとコナンメインターゲット(たぶん)の子どもよりコナンが始まった当時小中高生だった30代前後に向けた歌詞なんじゃないかと。まだこの歌詞に共感するには早すぎる年齢だが、渋い歌声とひたむきなバンドサウンドとメロディーに非常にグッと来た。本当に斉藤和義はシングルでは極上の名曲を連発していると思う。90年代のGLAYポップス寄り路線が好きだった方は是非!

七つの海よりキミの海 / 上坂すみれ
アニメ『波打ち際のむろみさん』OP。去年がうーにゃーなんとかだったのに続いて今年はむろみいいいいいいですか。アニメは全く観てないんだけど、親愛なるデコ森ちゃん(最初ディスってただろとか言ってはいけない)の声優をやっていた上坂さんが気になったので手に取ってみた。ベースとドラムが効いたイントロが1分近く続くと思えば歌詞は最早意味のない電波ソングで、サビの「大変だ 大変だ もう一回言うぞ大変だ」は全く意味のないっぷりの極み。キャラソンではなく声優個人名義のソロデビューがこんなぶっ飛んだ曲というのも凄まじい。しかし「怪・セラ・セラ」といいアレンジの楽器音がやたら豪華なのがここ最近の電波ソングのトレンドなんだろうか、インストで聴いても音が凝っていて全く飽きない。こういう曲がさらっと大々的に出てくるのがアニソンやジャニーズ中心アイドルソングの強みやなぁ…。

Mistake!/Butterfly / SMAP
カラフルなサウンドが光るダンスナンバー。全体的に優雅な雰囲気はいくら時代が経ってもまだSMAPにしか出せないような大物の余裕の風格を曲から感じる。一時期は嵐の大ブレイクで地位陥落とか言われてたけど、「This is Love」以降他のジャニーズとは群を突き放したような絶対王者っぷりが続いている(個人的感想)。「Mistake!」「Butterfly」も高値安定、「さかさまの空」「Moment」に比べたら小粒かな?な好ポップスソング。もう1枚ぐらいは今年シングルリリースあるかな。

RPG / SEKAI NO OWARI
映画『クレヨンしんちゃん』主題歌。前作で「RPGな世界観がヒットチャートミュージックの中で異彩を放っていた」って書いてたら本当にRPGってタイトル来たよおい。こちらはしんちゃんメインターゲットにバッチリな子供向けっぽい空気を出しながらも、「"世間"という悪魔に惑わされないで 自分だけが決めた"答"を思い出して」と20代、大人世代にグサッと突き刺さる歌詞が飛び出すのは鉄板のセカオワワールド。「眠り姫」に続いてどこかふんわり異世界に連れて行ってくれるようなファンタジーソングっぷりは最高。C/Wの「スターライトパレード」リアレンジも夢の国っぽさに磨きがかかっていてたまらない。今年はますますマイブレイクしそう。


6月14日(金)
名古屋までドライブ

高校時代の友人とドライブで旅行しようぜ、巷で噂の喫茶マウンテンとやらを攻めてみようぜ、ということで名古屋まで日帰りドライブに行ってきた。主に友人の運転で。高速に乗ること3~4時間。俺は毎回カーステレオで流すCD作りで環境に貢献。


なかなかシックな外装

そして頼んだ品がこちら。


甘口キウイスパ

全面的にキウイ味のパスタに全面的に乗っかるキウイ、生クリーム、パイン。これは感覚的にパスタというよりスパゲッティと言った方が相応しい。喫茶マウンテンとはこういうゲテモノ料理の類で有名らしい。一応調べていたとはいえ、しかもここ一年二郎系でそこそこ特訓を積んだとは思っていたのに凄まじい衝撃だった…。

で、味は予想外にけっこううまかったのだが、新鮮みを感じたのは前半だけで、後半を過ぎるとこのキウイ味に慣れてきてくどくなってくる。更にそれに追い打ちをかける甘ったるい生クリームの大群。普段交わるはずのないものが交わっているので非常に奇妙な感覚。これは自称辛党の俺には厳しすぎたかもしれない…とはいえ、しっかりと完食は成功

ちなみに、一緒に頼んだコーラフロートはこちら。


でん

某二郎のもやし以上に退けないと飲めないコーラ、スプーンでアイスをつつくと自動的に皿へ溢れ出る大量のコーラ、徐々に倍速で溶けていくアイス…これ攻略できる人いたんだろうか…。どちらかというとパスタ以上に破壊力抜群だった…。

激甘×激甘の真髄(?)を堪能して、最後はサボテンのピラフを。これはけっこうに辛口だったのでいい口直しになった。あくまでピラフはデザートである。


これはけっこうぱっと見まとも

以上、俺はあくまで辛党なんだ!って事が分かったグルメ旅なのであった…。…って、あれ?

 

そして帰りについでに名古屋城へ行って帰還。

名古屋まで来たのが初めてなので名古屋城を初めて生で見た。改めて壮観。ふつくしい!いやはや…でも、中は内装は改装されまくってて完全ミュージアム化、エレベーターも空調も完備っていうのはやっぱり変な不思議さを感じるよね。他のお城もそういうもんなのかもしれんけども。

 

去年は和歌山、今年の春は香川、で今回名古屋と、明石から地図方角で下左右には行ったので今度は上辺りに行ってみたい。


6月9日(日)-2
今年聴いたシングル感想 その5

・録り溜め無視して借りてきたDVD観てると本当に一日過ぎるの早いよね…。

・あの番組は一切観ていなかったのであんまり知らないんだが、ここ最近毎日ヤフーのトップニュースに載っているビッグダディ前妻は一体何と戦っているんだろうか。

 

恋は混沌の隷也 / 後ろから這いより隊G
アニメ「這いよれ!ニャル子さんW」OP。去年出た1期OPの前作がネット界隈で大きく盛り上がった電波ソングだったが、それを更に上回るハイテンポな電波ソング。大体二番煎じで終わりそうだと思っていたところをまさか越えてくるとは…。ORANGE RANGEが「上海ハニー」の翌年に「ロコローション」を出したような感覚。去年の曲よりぶっ飛んでるしカラオケで歌うと楽しそうなので好みな曲である。…アニメ2期になってから1話も観てないけどな!

sister's noise / fripSide
アニメ「とある科学の超電磁砲S」OP。3作連続でトップ5入りした1期タイアップを引き継いだとはいえまさか1位を獲得するとは。その1期時代を思い出すような八木沼流シンセデジロック。相変わらずこの高音キーな南條さんのボーカルに曲が凄く合っていると思う。レールガンタイアップ以外ではあまり注目されなくなるのが残念だが、実際にレールガンを離れると曲を知る機会が極端に無くなるからなぁ…。しかしそれにしてもザ・たっちというPV芸人起用はもっと人は呼べなかったんだろうか。

DATE A LIVE / sweet ARMS
アニメ「デート・ア・ライブ」OP。野水伊織、富樫美鈴、佐土原かおり、味里のアニメ「うぽって!」メインキャスト陣で結成した声優ユニットらしい。す、スフィアやStylipSより若干年が行っているイメージがあるんですがそれは…?ややシンフォニックなストリングスが混じった歌謡調ロック。さっき挙げた声優ユニットより歌声がクールですっと耳に入ってくる感じがした。声優4人はそこまでよく知らんのだけど(野水さんはアニサマ、富樫さんは生徒会の一存、日常は知ってる…って折紙ちゃんの声優ジャン!)曲は好みな路線のユニットかも。


6月9日(日)
移転に次ぐ移転!

まさか開設1年経たずでまた繰り返してしまうとは…。

サイトを刷新して新境地で行くかと使っていたレンタルサーバーが不具合続きで、ページがエラーで表示されない状態が何度も頻発して、下手すると1日以上観られないという日もあったのであんまり長居できないかと撤退。やっぱり無料は限界かということで、もうこのサイト今更凍結閉鎖する事も無いだろうと遂に重い腰を上げて有料レンタルサーバーロリポップと契約してみた。夢に見た独自ドメイン…!つうかこいつ何度も移転してんなと思われるかもしれませんが、相互リンク先の皆さんお手数おかけしますがどうかリンク張り替えよろしくお願いします。

04年FC2→ぶっとびねっと→infoseek(サービス撤退)→ナスカ→宇宙ねっと→ロリポップ(New!)

http://suzaking.net

 

DEENオリジナルアルバム対談レビューもよろしくお願いします。


6月8日(土)
去年のAKB総選挙から1年

・AKB総選挙、そういえばマイルームにテレビが届いて初めてまともに観た番組が去年の総選挙フジ特番だったかな。もう1年経ったのか…(しみじみ)

しかし毎年、この総選挙の日になるとTwitterがAKBで埋まる光景が壮観である。俺のフォロー先ではよく観たら呟いてるの2,3人だったけども。唯一「Everybody、カチューシャ」を1枚買って柏木由紀に投票したのが2年前、あの頃より殆ど興味無くなったのでめっきり傍の世界の出来事みたいに映ってしまった。そもそも昔からファン(少し程度でも)とそれ以外の温度差ってこんなもんだったんだろうか。過ぎゆく時代を感じるなぁ…。それでも何だかんだ総選挙特番今年も観ちゃってるんだけど。

…ってつい先日までモバマスの総選挙に興じていた俺が言える言葉では一切無い。

 

・そういえば1年前にマイルーム完成したら画像アップするとか宣言して一回もアップしていなかったのでここで上げてみようかと。誰も需要ないとは思うが。

\デン!/

0%0%0%

パソコンの奥見切れているところにオーディオ、この撮影位置の反対側にベッド。パソコン机に左向いたら(Blu-ray再生可能HDDレコーダー付)テレビ、向かいに本棚、右にベッド。大学生の一人部屋で相当快適な環境です。本棚片付けろよ…